ハナモモが彩る樹木の畑 (2017年 2月28日(火)放送  奈良県 五條市)

五條市西吉野は生け花やお供えなどに使う花木の産地。山の斜面の畑に様々な木々が植えられている。2月はひな祭りにむけてハナモモの出荷が始まる。つぼみの状態で出荷するため雪でも作業は行われるが、作業が始まると畑には野鳥が集まる。食べ物の乏しい季節、作業に驚いて出てくる虫を狙っているのだ。この頃、農家が楽しみにしているのが、畑の傍らに咲くフクジュソウ。可憐な黄色の花が一足早く春を告げる。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。