雪国に生まれた恵みの棚田 (2017年 1月23日(月)放送  新潟県 長岡市)

長岡市山古志地区は、一年の半分近くを雪に覆われる豪雪地帯だが春には美しい棚田の絶景が現れる。この辺りは崩れやすい土地で2004年の新潟県中越地震で被害が出たが、昔から農家は崩れたところを棚田に変えて克服してきた。棚田で育てられていたのは米だけでなく食料用の鯉もその一つ。その中から偶然生まれた錦鯉が今では山里の貴重な収入源だ。棚田は様々な生きものの大切なすみか。タカの仲間サシバも現れ、カエルやヘビを捕らえる。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。