カブトムシが飛び立つ桃源郷 (2016年 12月26日(月)放送  長野県 千曲市)

日本一のアンズの産地長野県。中でも千曲市の森地区は4月上旬、アンズの淡いピンクの花に包まれる。一足早く春が訪れるアンズの畑は多くの鳥や虫たちでにぎわう。農家がおいしいアンズを育てるために使うのが周囲の雑木林で集めたクヌギやコナラなどの落ち葉で作った堆肥。落ち葉を発酵させるための堆肥置き場はカブトムシの幼虫のゆりかごだ。アンズの収穫が終わる初夏、沢山のカブトムシがアンズ畑からクヌギ林に旅立っていく。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。