バイカモがたなびく水の里 (2016年 12月5日(月)放送  滋賀県 米原市)

中山道の宿場町の面影が色濃い米原市の醒ケ井(さめがい)。町の人たちが大切にしているのは住宅街の真ん中を流れる地蔵川。湧き水を水源とする川には一年を通じておよそ14度の清らかな水が流れ、夏には野菜や果物を冷やす人や生けすとして利用する人もいる。この川に夏になると現れるのが500mに渡って水中で咲き誇るバイカモの白い花。カワニナやウツセミカジカなどのきれいな水を好む多くの水辺の生き物たちの楽園だ。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。