鳥たちが行き来するサトウキビ畑 (2016年 11月7日(月)放送  沖縄県 多良間島)

多良間島はサトウキビの産地。温暖な気候で1年中植え付けが出来るため畑ごとに収穫期が異なる。その環境を巧みに利用するのが野鳥たち。収穫や植え付け前の耕起作業が進む畑では、トラクターに驚いて飛び出した虫や土の中からはい出した生き物を食べ、収穫前の鬱蒼(うっそう)とした畑は外敵から逃れて繁殖に利用する。中でも珍しい鳥ミフウズラは、1羽の親鳥を数羽の雛が追いかけながら列を作って移動する可愛い光景が見られる。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。