カヤと暮らす天空の里 (2016年 2月16日(火)放送  徳島県 つるぎ町)

つるぎ町では傾斜40度の転げそうな急斜面にも家や畑が点在する。秋、雲に届きそうな畑のカヤ場ではススキなどのカヤ刈りが始まる。カヤは斜面に根を張って土の流出を抑え、堆肥に利用すると土に粘りが出て、畑を崩れにくくするという。そこで農家はわざわざカヤを育て、刈り取ると三角帽子のように立てかけて乾燥させる。斜面にその束が並ぶ頃、畑ではソバの花が満開となり、美しい天空の花園が出現する。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。