ヒシの実が育つクリーク (2016年 1月18日(月)放送  佐賀県 神埼市)

日本有数の米どころ佐賀平野。昔から水が乏しくクリークと呼ばれる水路が作られてきた。クリークにはため池の機能もあり、この地方独特の景観を作りだしている。9月、クリークでは人々がたるに乗って行うヒシの実の収穫作業が始まる。ヒシは沼やため池などでよく見られる水草。塩でゆでると独特の触感が楽しめる伝統の食材だ。クリークには初夏から秋にかけてアサザの黄色い花が咲きほこりメダカなど小さな魚たちの大切なすみかだ。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。