ナマズがのぼってくる田んぼ (2016年 1月11日(月)放送  滋賀県 高島市)

滋賀県高島市の田んぼでは、初夏になると琵琶湖からフナやナマズが産卵にのぼってくる。滋賀の名物ふなずしは田んぼでフナを捕って作ってきた。しかし、近年のほ場整備で田んぼと水路の段差を大きくし排水性を高めたため、ナマズやフナが入りにくくなっている。そこで農家の有志が階段状の魚道を作り、ナマズやフナの産卵を手助けし始めた。水路の水かさが増す雨の日、ナマズたちは田に入り、オスメスが体を絡ませて産卵が始まる。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。