いさり火が映える棚田 (2016年 1月4日(月)放送  山口県 長門市)

海辺の棚田と数多くのため池が美しい景色を作る山口県長門市油谷地区。農業の担い手が減り、放置された田んぼが増えていることから、人々は荒れた棚田の草刈りをし、再びため池の水を流しこんで農薬や化学肥料を使わない自然を生かしたコメの生産を始めた。よみがえった田んぼにはトンボが飛び交いミジンコなどの小さな生きものが戻って来た。満々と水をたたえた棚田に夕暮れイカ釣船のいさり火が映え幻想的な風景が生まれる。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。