フクロウを育む田んぼ (2015年 11月16日(月)放送  栃木県 宇都宮市)

宇都宮市郊外の逆面(さかづら)集落は家々の門にフクロウの飾りがあり、森にもフクロウの巣箱をかけて繁殖を手助けしてきた。フクロウはネズミを駆除する農業の守り神として大切にしているのだ。そのフクロウの狩り場は田んぼと森の境の草地。人々の草刈りのおかげでネズミやカエルなど捕りやすくなるのだ。また、農家は農薬を控えてカエルなどが増える米作りも始め、フクロウ米として売り出したところ、米が売れ始めた。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。