夏鳥がさえずるヨシ原 (2015年 11月2日(月)放送  宮城県 石巻市)

河口近くの汽水域に広大なヨシ原が広がる東北一の大河・北上川。伝統のウナギ漁が今も続く汽水域に生えているヨシは固くて丈夫、昔から屋根ふきの材料などに使われてきた。河口近くのヨシ原は震災の津波や地盤沈下で面積が半減したが、10キロほど上流のヨシ原では毎年4月になると野焼きが行われ今も大切に守られている。夏、一面の緑の草原がよみがえったヨシ原はオオヨシキリなどの夏鳥の大切な繁殖の場になる。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。