野鳥が集う桃源郷 (2015年 10月5日(月)放送  福島県 福島市)

福島市の郊外に毎年春、モモやサクラなどの花木20種10万本が咲き誇る山がある。農家が生け花などで使う「枝もの」を出荷するために育てる花木の畑が広がる通称「花見山」。今では花の名所だ。そしてここは野鳥たちにとっても格好の住処。多様な花木が栽培されているため花の咲く時期が種毎に異なり、春から初夏にかけて多くのつぼみや花が山を彩っているからだ。多くの野鳥が花に集まる虫を捕らえ、子育てをする。

「里山 色とカタチ」取材で見つけた、里山の古くて新しいデザインやグッズを紹介しています。