清流魚がすむ冬の畑 (2014年 2月25日(火)放送  静岡県御殿場市)

御殿場市は富士山の湧き水があちこちで湧き出している。湧き水は水温が13度ほどと、冬は外気より暖かい。農家は、その水を田んぼに引き入れて、アブラナの仲間・ミズカケナを栽培してきた。温かなミズカケナの畑では昆虫なども活動的で、それを求めて野鳥たちが集まり、その鳥を狙ってチョウゲンボウも現れる。また、畑の水路はヤマメやカジカなどの渓流魚入り込む。湧き水が、冬の大地に命の環を作り出している。