屋敷林 人と生きものの小宇宙 (2012年 1月16日(月)  富山県砺波平野)

遙か彼方まで広がる水田地帯にこんもりとした屋敷林が浮かぶ、富山県砺波(となみ)平野。「カイニョ」と呼ばれる防風林に囲まれた屋敷だ。カイニョには様々な実のなる木が植えられ、トリや動物たちのすみかにもなっている。秋、人々は柿の実などを収穫する際、柿の実は全部採らずに鳥や動物が食べるように残す。冬、生き物にとってカイニョの木の実は貴重な食料だ。

里山 季節のことば

「木守柿(きもりがき)」

晩秋すっかり実をとられた柿の木にもがれずに残っている柿を目にすることがあります。それが「木守柿」です。「来年もたくさん実りますように」という願いがこめられているのです。熟した実は枯れ野に彩りをそえます。