人と魚が集う湧水 (2011年 12月23日(金)  福井県福井市)

福井市城戸ノ内町(きどのうちちょう)は古くから湧水の里として知られてきた。地区の中心部には年間を通じて水が湧き、どんな干ばつでも枯れることはない。湧水が流れる用水路では洗い物をする人々の生活があり、特にきれいな水を好むハヤの仲間タカハヤの姿を見ることもできる。水を汚さずに利用する人々の暮らしの傍らに様々な川魚やトンボなどの生き物が群れる。

里山 季節のことば

「清水」

「凍った水」しみみず、「澄んだ水」すみずから転じたともいわれています。岩清水、草清水、苔清水など涼しげな情景が目に浮かぶ言葉がたくさんあります。里山の季節感が伝わる美しい言葉です。