友達にメールで知らせる

2016年8月27日

「夏も楽しい!オホーツクからの贈り物 ~紋別~」

今回のぶらりみてある記でお邪魔したのは、オホーツク海に面した紋別市です。
冬の流氷観光で有名な街ですが、実は夏も楽しめるものがたくさんあるんです。
その一つが「オホーツク流氷科学センター」の「流氷水族館」。
氷点下20度の室内に入ると、そこには130種類もの氷漬けにされた魚たちが!実は、オホーツク海で獲れた魚などを、一週間以上かけて作る透明な氷のなかに入れて展示しているんです。
またアザラシの飼育施設「オホーツクとっかりセンター」も大人気。
ここではアザラシのすぐ近くまで行って、撫でたりさわったり触れ合うことができるんです。
さらに去年からは、飼育員に教わりながらエサやり体験も!夏の紋別の魅力を満喫しました。

問い合わせ先

紋別観光協会
紋別市幸町5丁目24-1 紋別バスターミナル1F
(電話)0158-24-3900

問い合わせ先

北海道立オホーツク流氷科学センター
紋別市元紋別11-6
(電話)0158-23―5400
休業 月曜(祝日除く)、祝日の翌日、年末年始

問い合わせ先

オホーツクとっかりセンター
紋別市海洋公園2番地
(電話)0158-24―8000(オホーツク・ガリンコタワー株式会社)
年中無休
※アザラシに触ったり、エサやりをしたりできる時間については、センターに確認して下さい

【旅の感想】 旅人:髙橋弥生(北見局)

旅人

今回は「夏の紋別」、冬とは違ったどんな魅力があるのかワクワクしながら行ってきました!
訪れた流氷科学センターやとっかりセンターは、冬にも負けないくらいの賑わいで、夏休み中の子どもたちの笑顔であふれていました。
道外からも観光客が来ていて、とても楽しんでいましたよ。
氷点下20度の体験室にアザラシ、どちらも楽しい体験で、紋別のみなさんが夏の観光を盛り上げようと色々な取り組みをしていることを感じました。
オホーツクの素敵な夏。笑顔あふれる思い出ができました。

番組内容を印刷する

ぶらり見てあるき