友達にメールで知らせる

2016年7月23日

「礼文島 短い夏に輝く!」

今回のぶらりみてある記でお邪魔したのは、道北の礼文島です。
夏の礼文と言えば高山植物とウニ!
この時期にしか見られない美しい花々と日本海の絶景、
そして絶品のウニを堪能しました。
観光客で賑わう夏の礼文島ですが、
実は島の皆さんにとって大事な夏祭りの時期でもあります。
ウニやコンブの豊漁を祈って、800キロある神輿を漁師たちが担いで練り歩きます。
歩く距離は10キロほど。この祭りに初めて参加する若いウニ漁師に密着、
夏の礼文島で輝く皆さんの姿を紹介しました。

礼文島の観光に関する問い合わせ

礼文島観光協会  
(電話)0163-86-1001

ご紹介したウニ漁に関する問い合わせ

香深漁業協同組合  
礼文町大字香深村字トンナイ558-1
(電話)0163-86-1745

厳島神社例大祭に関する問い合わせ ※7/15に祭りは終了しました

厳島神社  
礼文町大字香深村字トンナイ350
(電話)0163-86-1852


【旅の感想】 旅人:西岡愛(旭川局)

旅人

今回は礼文島を旅して来ました。私にとってずっと訪れてみたかった憧れの土地でした。
島の散策路に可憐な花が咲き誇っていたり、海に目を向けると漁船がウニ漁をしていたり、短い夏、島中が最も賑わいを見せる季節でした。
なかでも年に一度の夏祭り。神輿を担ぎ終えた漁師さんの涙を見て私もじーんと胸を打たれました。
皆さんが温かく迎えて下さったおかげで、初めて訪れた場所なのに、もう何度も来たことがあるような不思議な感覚になりました。
礼文島の皆さん、お忙しい中大変お世話になりました。また必ず遊びに行きます!

番組内容を印刷する

ぶらり見てあるき