ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK札幌放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK札幌放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

がんと生きる

がんと生きる ロゴ

日本人の2人に1人がかかるがん 
この病に私たちはどう向き合っていけばよいのか
がんを防ぐためには そして患者や家族の最良の選択とは 
皆さんと考えます

■第2シリーズ「最良の選択に向けて」(平成29年2月放送)

「ほっとニュース北海道」で紹介した動画をホームページで公開します。
  • 2017.2.20

    「がん あなたは何を信じるか」
    ネット上にあふれる「がんの治療情報」。
    正確な情報をどのように得たらよいのか。

    2017.2.21

    「なぜためらう?セカンドオピニオン」
    セカンドオピニオンに躊躇する患者は少なくない。
    その背景とは。制度の利用を進めるには。

    2017.2.22

    「親のがん 子どもにどう伝える」
    親ががんになった時、子どもにどう伝えたらよいのか。
    親子の精神的な支えが求められている。

  • 2017.2.23

    「抗がん剤の副作用 支持療法の課題」
    がんによる痛みや治療の副作用を和らげる支持療法。
    抗がん剤による副作用の治療の現場では。

    2017.2.28

    「がんになっても働きたい」
    がんの治療を理由に仕事を辞めざるを得なくなるケースが後を絶たない。
    がん患者が働き続けるため求められることとは。

■第1シリーズ「がんを防げ」(平成28年12月放送)

  • 2016.12.19

    「飲食店 受動喫煙対策は?」
    喫煙率、肺がんの死亡率ともに全国で最も高い北海道。
    受動喫煙対策も求められる中、 飲食店での対策はどこまで進んでいるのか?

    2016.12.21

    「がん検診 受診率を上げる」
    北海道の主ながん検診の受診率は、全国平均を下回っている。 検診への意識を向上させる新たな取り組みとは?
     

    2016.12.22

    「働く世代のがん予防」
    がんになる人の3人に1人は働く世代の人たち。
    道内の企業の中には、がん予防に向けて
    会社として取り組み始めたところも。

読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ