2016年02月26日 (金)"土プラグ"「33」 愛読書です【糸井 羊司】


旭川市出身の作家、
三浦綾子さんの代表作「塩狩峠」。
※写真は、大学生の頃、
姉からもらった文庫本。
 カバーがかなり傷んできました…。
160226_01.jpg
実は今年、最初に
雑誌への連載が始まってから
ちょうど50年になります。
...

160226_02.jpg
その塩狩峠、

現場はこんな所…。
旭川の中心部から
雪道を車で走って1時間ほど。
和寒町にあります。

峠の高台にはこんな建物が。
その名も「塩狩峠記念館」。
※現在、冬季休館中。
 撮影のため許可を得て
 入れていただきました。
160226_03.jpg
なぜこんな
商店のような造りなのか!?
実は、かつて三浦さん夫妻が
営んでいた雑貨店・兼自宅を
復元したものなんです。

この「塩狩峠」、
実際にあった鉄道事故と、
自分の命を犠牲にして乗客を救った
鉄道員をモデルに書かれた、
ということは、有名な話でしょうか?

その鉄道員・長野政雄さんを
紹介する展示もあります。
160226_04.jpg
50年たったいまも
読む人の心を支え続ける「塩狩峠」。
今週の「土曜プラス特集」でお伝えします。
ぜひご覧下さい!

投稿者:糸井 羊司 | 投稿時間:11:23

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲