2017年12月14日 (木)たっぷり!土プラ(33)江戸落語ならぬエゾ落語!?【古谷敏郎】


わたしは、
以前もご紹介したように、
小学2年生の時に、
クラスのクリスマス会で、
当時たまたま覚えた
落語「寿限無」を演じて
これが大受け!
以来、
落語ファンになりました。
そんなわたしが、
札幌で出会ったのが
笑生十八番
(しょうせいおはこ)さん
という知る人ぞ知る落語家さんです。
ふつう関東や関西では、
落語家はプロの師匠に入門して
「林家」「桂」「三遊亭」といった
芸名を名乗って活動しています。
しかし、
十八番さんは、
北海道大学の落語研究会
いわゆる「落研オチケン」の出身。
独学で修行に励み、
江戸や上方に対して、
「エゾ落語」を名乗って
活動している落語家なのです。
高座で実演する一方で、
落語教室を開き、
小学生から、サラリーマン、
企業を退職してやり甲斐を探している
人たちに、
落語を演じる楽しさを届けています。
そんな取り組みの一端を
ご紹介します。
「ぶらりみてある記」は、
陸別町の旅です。 どうぞ、お楽しみに!!

投稿者:古谷 敏郎 | 投稿時間:11:18 | カテゴリ:古谷 敏郎 | 固定リンク

  

2017年12月12日 (火)知る人ぞ知る?【佐藤千佳】


きたカフェを見てくださっている皆さん
11時50分頃の、画面右下
どーもくんななみちゃんのディスプレイが、
季節や行事、天候などに合わせて、日々変化していることに
お気づきでしたか!?

では、代表的なものをいくつかご紹介します。
例えば、行楽シーズンは、遠足

anaburo171215_01.jpg

夏はそら豆かき氷屋さん。

anaburo171215_02.jpg

anaburo171215_03.jpg

秋は焼き芋ぶどう狩りお月見

anaburo171215_05.jpg

anaburo171215_04.jpg

anaburo171215_06.jpg

そしてつい最近は・・・

anaburo171215_07.jpg

松ぼっくりを拾った2人どーもくんななみちゃん)。

anaburo171215_08.jpg

翌日札幌はが降り、セットはこのように。
その翌日には雪だるまも!

anaburo171215_09.jpg

日々の細かな気象の変化にも、対応させています!
これらを主に制作しているのは、2人の番組ディレクターで、
その多くは、手作りなのです!

材料は、会社の前に落ちていた松ぼっくりや、
スタッフのお子さんが0歳の頃の(帽子はななみちゃんの頭のサイズにピッタリ!)衣類を加工したものなど。
そして、多くの割合を占めているのはペーパークラフトです。

きょうは、制作中のペーパークラフトを、パシャリ

anaburo171215_10.jpg

画面に映るのはほんの数秒ですが、気合が入っています!

今週はどんな作品に仕上がっているのでしょうか!?
どうぞ、画面の隅々までご覧ください^^♪

投稿者:佐藤 千佳 | 投稿時間:10:22 | カテゴリ:佐藤 千佳 | 固定リンク

  

2017年12月08日 (金)たっぷり!土プラ(番外編)冬を感じる「ササラ電車」【工藤 恵里奈】


dopura171209_1.jpg

dopura171209_2.jpg

 

今週水曜日(6日)「おはよう北海道」
札幌の電車事業所(市電の車庫)から
中継をさせていただきました。
この時期活躍する「ササラ電車」の話題!
ササラ電車運転手のみなさんと一緒に
撮影しました
実は、札幌路面電車
走りはじめて来年で100年になります。
安全に電車が走れるように
線路の除雪を担ってきたササラ電車、
今年も活躍しますよ!

あす「土プラ」も、
ぜひご覧くださいね!

投稿者:工藤 恵里奈 | 投稿時間:15:36 | カテゴリ:工藤 恵里奈 | 固定リンク

  

2017年12月08日 (金)たっぷり土プラ(32)【古谷敏郎】


めっきり寒くなりましたね!
出がけに嫁さんから、
「暖かくして行くんだよ!
油断するんじゃないよ!」
いつもそう言われます。
でもわたしは、
11月の頃
そう変わらない格好で
出かけるのです。
今から暖かくしたら、
年が明けてどうするんだ!?
と思うからです。
それに対して
札幌育ちの嫁さんは、
「いまはすでに真冬だよ!
敏郎さんの身体を
心配しているんだよ」
と言うのです。
そろそろ、
嫁さんの言いつけにしたがい、
手袋、マフラーの装備を
心がけようと思います。
あ、まるで、
のろけみたいに
なってしまいました。

明日「土曜プラス」は、
シンガーソングライター
半崎美子さんのリポート。
「ぶらりみてある記」は、
様似の旅ご案内します!

投稿者:古谷 敏郎 | 投稿時間:14:43 | カテゴリ:古谷 敏郎 | 固定リンク

  

2017年12月01日 (金)たっぷり!土プラ(31)問題の現場です【工藤 恵里奈】


dopura171202.jpg

数日前、危うく転びそうになって
私が股関節を痛めた現場です。
毎年冬、数回は転ぶのですが、
1人の時に転ぶと特に恥ずかしいんですよね。
(去年も局の前で盛大に転んで、
  大丈夫ですか?と優しい方が声をかけて
  くださった思い出があります・・・
みなさま、この季節
路面がとても滑りやすくなっています。
本当にお気をつけくださいね!

特集は・・・
脳死になった人からの臓器提供を可能にした
臓器移植法の施行から、今年で20年。
臓器移植を待つ患者や、
移植によって救われた
みなさんの声を聞きました。

ぶらりみてある記は、
寒い季節でも、熱気あふれる
オホーツク海側大空町!
北見放送局の井口リポーターが訪ねました。

ぜひご覧ください!

投稿者:工藤 恵里奈 | 投稿時間:13:05 | カテゴリ:工藤 恵里奈 | 固定リンク

  

2017年11月24日 (金)たっぷり!土プラ(30)元祖アイドルにインタビュー!【古谷 敏郎】


先日、

素敵な方
お目にかかりました。
札幌市在住の
明日待子(あしたまつこ)さん。

anna171124_01.jpg

戦前、
東京にあった
ムーランルージュ新宿座
という劇場のトップスターです。
舞台に映画にラジオに大活躍。
「元祖アイドル」
といわれています。

anna171124_02.jpg

現在97歳
お元気です!
しかも可愛らしい!

生まれ育った岩手から東京に出て
スターになり、
戦後は北海道に来て、
日本舞踊の家元として活躍。
いつも前を向いて、
人生を切り開いてきました。
その生き方は、
まさに「明日を夢見て待つ」
明日待子という芸名そのものです。

anna171124_03.jpg

今回のインタビューコーナーは、
そんな明日待子さん
歩みをご紹介。
ぶらりみてある記は、
中標津町ご案内します!

以上

 

投稿者:古谷 敏郎 | 投稿時間:18:35 | カテゴリ:古谷 敏郎 | 固定リンク

  

2017年11月17日 (金)たっぷり!土プラ(29)杉山さんきたカフェ出演!【工藤 恵里奈】


dopura171117_1.jpg

 

17日(金)、気象予報士の杉山さんが
「つながる@きたカフェ」に出演(^^)
いつもの古谷さん&工藤ではなく、
村上さん&佐藤千佳さんのコンビと
スタジオにお邪魔してパシャリ!

お天気アラカルトのコーナー、
テーマは「朝の虹」
朝、虹を見ると天気が崩れる
サインだとのこと。   
みなさん、注意しましょう。
実は、先週の土プラでも、
札幌のお天気カメラに虹が写っていました。
綺麗でしたが、確かに、雨の予報でした。


dopura171117_2.jpg

 

特集は、栗山監督が語る
大谷翔平選手の「二刀流」
先週、大リーグ挑戦を表明した大谷選手
「二刀流」に夢を託した監督は
今、大谷選手に何を思い、
何を期待するのか?
その胸の内に迫ります。

ぶらりみてある記は、函館
歴史ある建物が多く残る西部地区
今、その建物を改修したり作り直したりして
これからも使っていこうという
動きがあります。
中條リポーターが訪ねました。

ぜひご覧ください。

投稿者:工藤 恵里奈 | 投稿時間:14:32 | カテゴリ:工藤 恵里奈 | 固定リンク

  

2017年11月10日 (金)たっぷり!土プラ(28)【古谷 敏郎】


みなさん、
小さいときに憧れていたのは、
何ですか?
わたしは、落語家でした。

先日砂川市
地域交流センターゆう
を訪ねました。
今週12日(日)に開かれる
「キッズ落語大会」
稽古風景の見学です。
落語を始めて
二年目から五年目の
小中学生4人が、
熱心に稽古をしていました。

吉原の郭の世界を色っぽく語るのは、
信幸亭 豆心
しんこうてい まめごころ君。
小学5年生。夢は救急救命士。

「目黒のさんま」を演じるのは、
4年生の乗り物亭一鉄
のりものてい いってつ君。
夢はパイロット。

同じく4年生の
面影亭コキ丸
おもかげてい こきまる君の夢は、
看護師。

そして
かつて全国大会で優勝した
米食亭七星
こめくいてい ななつぼしさんは、
中学1年生です。

子供たちの晴れの高座に、
期待が集まります!
大会は、
12日(日)午前9時から、
砂川市地域交流センターゆうで
開かれます。


今週の「土曜プラス」
特集は、
「セラピー犬」の話題。
「ぶらりみてある記」は、
妹背牛町の旅にご案内します。

どうぞお楽しみに!

投稿者:古谷 敏郎 | 投稿時間:15:25 | カテゴリ:古谷 敏郎 | 固定リンク

  

2017年11月02日 (木)たっぷり!土プラ(27)「岩内町」に歴史あり【工藤 恵里奈】


あさっての土曜プラス
ぶらりみてある記では
私が岩内町に行ってきました。
お会いしたみなさんと一枚ずつ!


1.jpg2.jpg

3.jpg

 

ちょっと工藤が写りすぎですが・・・

見えるのは、
お寺、「蒲鉾」の文字、それにオルガン。
岩内といえば漁業が盛んで、
100年以上前はニシン漁で栄えた町です。
ということで、今回は
岩内に100年前から息づく
歴史あるものを探してきましたよ!

そして特集は・・・
全身の筋肉が動かなくなる
原因不明の難病・ALS
その患者に「口文字」を広める
活動を続けている
札幌市に住む深瀬和文さん
取材しました。
「口文字」とは顔や口の動きを読んで
コミュニケーションを取る方法。
複雑な道具を一切使わないため
気軽にコミュニケーション
取れるのが特徴です。
深瀬さん自身、11年前にALSを発症。
今は体が動かず
人工呼吸器をつけて生活しています。
なぜ「口文字」を使うのか。
その思いを伝えます。

どうぞご覧ください(^^)

投稿者:工藤 恵里奈 | 投稿時間:16:21 | カテゴリ:工藤 恵里奈 | 固定リンク

  

2017年10月27日 (金)たっぷり!土プラ(26)「文楽」界 期待の星 【工藤 恵里奈】


今年、三百年あまりの「文楽」の歴史の中で
画期的な出来事がありました。
それは、「北海道出身」の太夫の誕生です。
ana20171027_01.jpgあすの特集は、インタビュー。
丸眼鏡がお似合いのこの方が、
北海道・札幌出身の太夫・
竹本碩太夫こと田中碩人(ひろと)さん。
古谷キャスターが、大坂の国立文楽劇場で
お話を聞きました。
ana20171027_02.jpg 田中さんは、国の文楽研修生27期生として
2年間の研修を終えて、この春デビュー。
7月に初舞台を踏みました。
文楽は世襲制ではなく「実力社会」。
文楽界で奮闘する
田中さんの入門一年目の姿を紹介します。

ぶらりみてある記は、十勝の広尾町
旬を迎えたししゃも!
そうした海の幸に
ひと手間加えて輝くおいしさを、
帯広局の磯野悠香リポーターが
味わってきました(^^)

ぜひご覧ください!

投稿者:工藤 恵里奈 | 投稿時間:18:22 | カテゴリ:工藤 恵里奈 | 固定リンク

ページの一番上へ▲