あらすじ

戦国武将

真田 信繁 (幸村)さなだ のぶしげ (ゆきむら)

堺 雅人 (さかい まさと)

「日の本一の兵」とも讃えられた、戦国時代を代表する武将。若き日々を秀吉の人質として過ごし、豊臣家の栄枯盛衰を目の当たりにする。関ヶ原の戦いでは西軍につき、高野山に幽閉。大坂の陣では、真田丸と呼ばれる砦(とりで)を作り、秀頼を守って奮戦する。

最新の相関図へ戻る