内定者に聞く

内定者プロフィール

  • ディレクター 保科 裕之(ほしな・ひろゆき)

    大学時代は農家でアルバイトをしていた。地方版大河ドラマ、地方版歴史秘話ヒストリアや、かっこいい普通の人を紹介するような番組を作りたい。

    就活ダイアリー
  • アナウンサー 武田 健太(たけだ・けんた)

    どんな人も楽しめるスポーツ中継を実現できるのはNHKだと考えた。より多くの人に届ける中継を考えるユニバーサル放送に携わりたい。

    就活ダイアリー
  • 記者 橋野 朝奈(はしの・あさな)

    大学新聞の記者として活動していた。「音」と「映像」を伝えられる媒体で記者になれるのがとても魅力的だと感じ、テレビの「記者職」に応募した。

    就活ダイアリー
  • 放送事業のマネジメント 澤田 啓(さわだ・けい)

    NHKの「人のため」という公共性を強く意識した姿勢、またテレビ番組というフォーマットにこだわらない情報発信の将来性に強く惹かれた。

    就活ダイアリー
  • 放送事業のマネジメント 中村 咲(なかむら・さき)

    「少ないけれど確かなニーズのある番組」をなくしてはいけない。利益にとらわれず本当に必要なものを提供し続ける「NHKならでは」を守りたい。

    就活ダイアリー
  • 技術 山﨑 友梨子(やまさき・ゆりこ)

    テレビドラマが大好き。「テレビって面白い」「放送ってすごい」と思ってくれる人を増やすため、放送の根幹を支える技術の仕事を選んだ。

    就活ダイアリー

Q1

最初から志望職種は決まってましたか?

武田、橋野、中村、山﨑
決まってました!
保科、澤田
迷いました…
  • 保科
テレビ局で働きたいと思ったとき、最初アナウンサーも良いなと。でも、OBから「ディレクターの面白さの一つは、取材したことをそのまま伝えるのではなく、自分なりの解釈を加えて世の中に発信することができること」と聞いて、ディレクターが第一志望になりました。
  • 澤田
インターンで映像取材部を体験したんです。カメラで撮ったり、編集したり、ものすごく楽しかった。でも、最終的に、自分は色々なことに興味がわくタイプだから、広報やイベントから経理・総務など幅広くさまざまな業務に携わった上で、自分の専門を決めていく「放送事業のマネジメント」が向いてるかなと思いました。
  • 中村
私は職種は営業と決めていて、テレビ局はNHKだけ。他には、ハウスメーカーから、建設、金融などさまざまな業界を受けました。
  • 武田
中学生ぐらいからアナウンサーになりたいと周囲に言っていたから。ちょっと、引くに引けなかった。北海道から鹿児島まで地方局も受けました。
  • 山崎
理系なので、周りはIT系とかを受ける人が多かったかな。NHKは技術職のインターンで、番組を支える裏方の仕事を経験して。ドラマの演者さんたちと同じ空間で働けるコンテンツ制作でビデオエンジニアとかスイッチャーをやってみたいと思いました。
  • 橋野
文章を書く仕事がしたかったので、新聞社もいろいろ受けました。テレビ局では唯一「記者職」として募集していたNHKを受けました。

Q2

NHKの面接ってどんな感じでしたか?

武田、橋野、中村、山﨑、澤田、保科
とにかく時間が長い!
  • 山﨑
他社の質問では「どうしてうちで働きたいの?」「うちでないとダメな理由は?」という質問が多くて。やっぱり働く人として良いかどうかを評価している感じでした。でも、NHKは「私」という人として見てくれて、考え方や思いを聞いてくれました。
  • 保科
僕はエントリーシートが簡潔すぎて、「人間はこんなに単純じゃない」と言われました。「時間をあげるから、キミの悩みとか人間くさいところを教えてくれ」と言われてビックリしました。面接官からまるで取材を受けている感じで、さすがディレクターだなと。
  • 橋野
二次面接までは雑談に近い感じで、人間性を見ている印象。その次の面接で厳しめの雰囲気になり「最近腹が立ったことありますか?」「どうして腹が立ったの?」「それに対してあなたは何ができると思う?」と、深く追求されたので少したじろぎました。でも、自分では考えていなかった部分に気づくことができて、結果的には質問に救われたと思います。
  • 武田
NHKの面接は時間が長いので、表面的にとりつくろっても、すぐにばれると思います。一次試験から20分近い面接。だからこそ焦って自分を出そうとしなくても、自然と質問に答えていくことで自分が出せていました。本気で準備したことがしっかりと表れる面接なので、努力してよかったと思える面接でした。
  • 中村
実は、NHKのエントリーシート提出から面接までに志望動機が少し変わりました。それはNHKを知るうちに、どんどん興味が深まり本当にやりたいことを見つけたからです。賭けではありましたが、面接ではエントリーシートの内容とは別の話をすることにしました。素直な思いを話してよかったと思います。

Q3

面接で聞かれた意外な質問は? 

  • 保科
学生団体でボランティア活動をしたり、大学のある茨城県の農家のアルバイトをしていたことを話しました。「農家のアルバイトってどんなことをするの?」と、ボランティア活動よりも興味を持たれましたね。やってて良かったなと思いました。
  • 武田
僕はものすごく心配性なので、めちゃくちゃ準備していて、もうどんな質問が来てもすぐ答えられる状態だった。あまりにもよどみなく答えるので「それ本当?」と聞かれてしまって。ウソはついてなかったんだけど、そこから挽回するのが大変でした。
  • 中村
私は、他社の面接官に「しゃべり方が用意してきた答えみたいで、本音が見えない」と言われ落ち込みました。でも、NHKは逆に明るくて元気と評価してくれて。最終面接でさらに声を張って話していたら「声が大きいけどどこで身に付いたの?」と聞かれ、「自己主張が強い家系で、みんな声が大きいです」と答えたら、面接官の皆さんが笑ってくれました。
  • 山崎
あるとき「ドラマが好きってだけじゃ仕事に就きたい理由としては弱いよね。ほかにもっと説得力のある理由はないの?」と聞かれました。この質問には正直焦りましたが、その場で少し時間をもらって改めて自分の中で整理してみました。納得していただけたかは別として、自分の言葉で思いをきちんと話せました。
  • 澤田
僕も「好きな番組は?」と聞かれて、ちょっとかっこつけて10年以上前の「ETV特集」の話をしました。すると、面接官も「あー、あの番組ね。こういうところが他局の切り口と違うよね。君はどう思う?」と返されビックリ。放送管理の人でも報道に興味ある人がいると想定していませんでした。でもこんな話ができる職員さんと働きたい!と強く思いました。

Q4

NHKのイメージって変わりましたか?

  • 澤田
OBと渋谷駅で待ち合わせしたんですが、現れたのは渋谷にいそうなロン毛のお兄ちゃん。え、この人がNHK?と、ビックリしました。
  • 保科
面接でトイレ休憩があって。せっかくだからと、局内をじっくり観察しながらトイレに向かいました。みんなモノトーンぽい服なのかなと勝手に思っていたら、歩いている人たちはいろいろな服装で、意外だった。
  • 橋野
面接もすごくフランクな感じで、「最近の若い子ってテレビ見ないよね、テレビとか見る?」って聞かれて。思わず、「あんまり見ないですね」って答えてしまった。それぐらい自然な感じで。NHKのイメージが変わった。記者の内定者もすごく変わった人が多い。お硬い人が集まっているのかと思ったら、個性的な人ばかりで面白い。
  • 中村
この前、内定者向けの研修で、来年の就活生に向けたPR方法を考えるという課題が出て、一番良かったアイディアを来年実行しますと言われました。まだ職員でもない内定者なのに、ちゃんと提案を採用してくれるなんてすごいと、ビックリしました。

Q5

NHKに入りたい、その決め手は?

  • 澤田
これは僕の鉄板ネタなんですけど、NHKの廊下で面接を待っていたら、泣き叫ぶ子どもが走ってたんです。Eテレの子ども番組に出演する子がスタジオへ向かうところでした。他局でこんな光景は見たことがなくて「公共放送ってこれだ!」と感動し、幅広い視聴者に必要とされているNHKに入りたいと強く思いました。もし面接に落ちていたら、僕が泣き叫んでいましたけどね。
  • 武田
NHKのインターンで、緊急地震報道の訓練をやっているところを見せてもらって。報道フロアの雰囲気には鬼気迫るものを感じました。しかもかなり頻繁に訓練をしていると聞き、ここまでやらないと命と暮らしを守れないんだなと、リアルに感じることができました。
  • 保科
NHKは全国に地域放送局があるのが魅力だと思います。大河ドラマレベルではないかもしれないけど、各地域に面白い歴史がある。知ったら絶対に面白い。NHKなら、そんな地域発の番組を地方局で作って、全国放送に持っていくこともできる。
  • 山崎
最初、NHKを選ぶ上で全国転勤を心配していました。でも良く考えたら、私は福岡出身で、東京にも大学4年間しかいなかった。絶対に東京でなくちゃ嫌だというほどでもない。なんだかふっきれました。会社を選ぶ軸の中で大事なのはそこじゃなかった。今は、初任地はどこになるのかなと楽しみです。

Q6

これからチャレンジしてみたいこと

  • 武田
甲子園で高校野球の実況がやりたい!僕の夢の原点です。より多くの人に届けるユニバーサル放送の取り組みに携わりたいです。
  • 保科
NHKで働くことになったと話したら、バイト先の農家でもボランティア先でも、いつか取材に来てよと言われました。最終的に自分の周りでがんばっている人たちを取材できたら良いなと思います。
  • 橋野
私も取材に来てねと言われました! 記者は世の中を直接変えることはできないけれど、記事にすることでニュースを見た人の心を動かせるかもしれない。小さな力かもしれないけれど、社会をよくすることができれば良いなと思います。
  • 中村
仕事は何でもやってみようと思っています。地域の方々と関係を築いていけるような仕事がしたい。ずっと東京で生まれ育ったので、地方局で働くのが今から楽しみです。
  • 山崎
大河や朝ドラに携わりたい。いつかクレジットに自分の名前が出ることが夢です。内定後の研修で4K8Kの技術を実際に見せてもらうと、本当に魅力的だと思います。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて技術の人たちもすごく動いています。そんな歴史的な大イベントに駆けつけて伝えられるのがNHKなんだなと改めて感じています。