NHKインターンシップ
放送事業のマネジメント
過去の実施報告

講義「NHKおよび放送事業マネジメントについて」

インターンシップの導入として、公共放送および、放送事業マネジメントの概要について説明。「編成」「イベント」「営業企画」「財務」「広報」など、業務が多岐に渡ること、さまざまな業務をジョブローテーションしながらキャリアを積んでいくことを紹介した。

講義「NHKおよび放送事業マネジメントについて」

講義「NHKの営業業務について」 

NHKの根幹を支える受信料制度について、法的根拠や契約種別、支払方法など具体的な仕組みを説明。また、法人委託や他企業と連携して開発した支払手続きなどにも触れ、新しい営業のあり方やこれからの営業職員に求められる役割についても紹介した。

講義「NHKおよび放送事業マネジメントについて」

講義&ワーク「NHKの財務業務について」

NHKと民放の財務面での違いやNHKグループの決算状況について説明を受けた後、実際に放送された番組について、必要な経費などを考えるワークを行い財務面から番組を見ることを学んだ。

講義&ワーク「NHKの営業業務について」

参加者の感想

  • NHKの財務の仕組みや理念に触れることができ、新鮮だった。
  • 一見地味な経理の仕事をワークで体感することで、業務の重要性を学ぶことができた。
  • 放送局ならではの財務の存在を知ることができた。

ワーク「営業業務グループワーク」

グループに分かれ、事業所の受信契約勧奨について討議と発表を行った。続いて、実際に事業所の代表者への説明という形でロールプレイングを実施。最前線で活躍する営業職員が各グループのアドバイザーとして参加し、公共放送を支える受信料制度について、理解を深めた。

ワーク「営業業務グループワーク」

実習「自己表現を磨く」

放送事業マネジメントの職員は、放送現場で働く職員等に対してプレゼンテーションを行う機会も多いため、元NHKアナウンサーを講師に、少人数で、プレゼンテーション力向上の実習を行った。「相手に伝わるように文章を組み立てる」「センテンスは短く」などポイントを伝えたうえで、1分間のプレゼンテーションを参加者1人1人が実践。プレゼンテーションを録音したものを皆で聞き、講師から厳しくも丁寧なアドバイスをした。

実習「自己表現を磨く」

参加者の感想

  • 【営業】
  • 他社とは全く違う形態の業務で、幅広さと重要さを知ることができた。NHK全体を支える大きな仕事であり、職員の方々が誰とでも仲良く、誇りを持たれていたのが印象的だった。
  • 営業に対して抱いていたイメージが180度変わった印象的なお話だった。
  • どの業務よりも「NHKならでは」という一面を深く考えることができた。
  • 【自己表現】
  • 話し方、言葉の選び方の重要性を再確認することができ、非常に役に立った。
  • 厳しい指導で自分の改善点がわかり、大変実りのある時間になった。
  • 就職活動に限らず、総じて人間力の向上につながるので、本当にありがたいと感じた。

講義&ワーク
「NHKのロジスティクス(取材・制作現場の後方支援)業務について」

リオデジャネイロオリンピック、選挙報道など、講師が実際に経験したロジスティクス(取材・制作現場の後方支援)業務をとおして、報道機関ならではのロジスティクス業務の魅力を伝えた。
その後、「リオデジャネイロオリンピックのロジスティクス担当者になったら」という仮定で、どのような準備をするべきか等、グループごとにシミュレーションを実施し、発表した。

講義&ワーク「NHKのロジスティクス(取材・制作現場の後方支援)業務について」

講義「NHKのイベント業務について」 

NHKがイベントを実施する目的や、展開しているイベントの種類など概要を説明。担当者に求められる能力や今後イベントが目指す方向性も合わせて解説した。また、翌日、グループごとに提案するイベントについて、条件や予算を周知した。

講義&ワーク「NHKのロジスティクス(取材・制作現場の後方支援)業務について」

講義&ワーク「NHKの編成業務について」

普段あまり馴染みのない編成業務について概要を解説するとともに、放送の要であることや、視聴者の意向を番組に反映させる重要性ややりがいについて伝えた。また、実際に東日本大地震の際に東北地域で放送された番組プログラムを検証したり、これから放送される番組を紹介するテレビ欄の文言を考えたり、理想の番組時刻表を考えるワークを実施。特にテレビ欄の番組紹介文については、最優秀グループのものが実際に採用され、新聞等に掲載された。

講義&ワーク「NHKの編成業務について」

参加者の感想

  • 【ロジ】
  • 参加前は業務内容がイメージできなかったが、講義やワークを通じて、いかに重要な業務であるのかがわかった。華やかな業務から地道な業務まで、幅広い業務が魅力的だった。
  • リオ現地視察の日程表を作成するワークでは、他と比べて最も想像力を働かせる必要があり、有意義だった。
  • 全ての業務はあたりまえに成り立っているのではなく、総務の方々の正確で信頼できる仕事で支えられていることを知り、総務の仕事をしたいと思った。
  • 【編成】
  • 実際に番組のテレビ欄や番組表を作るという経験がとても貴重で、そのおもしろさとともに難しさも実感した。特に、東日本大震災時の実際の番組表を見ながら、携わっていた人の話を聞けたことが心に残った。
  • 編成という仕事のダイナミックさ、おもしろさがワークを通して非常によく学べた。
  • 良い番組を作るだけでなく、それを適切な場所に置くという放送局の使命を実感できた。

ワーク「イベント業務グループワーク」

大河ドラマの視聴促進イベントをグループごとに企画・提案。各グループにはイベント現場で活躍する第一線の職員がアドバイザーとして付き、参加者からのさまざまな質問に答え、より実際の提案に近い形に仕上げた。さらに、企画した提案をイベント業務の職員の前で提案発表し、NHKで実際に行われている「イベント提案会議」を模擬体験した。

ワーク「イベント業務グループワーク」

スタジオ見学

放送を出しているTOC(テクニカル・オペレーション・センター)や、連続テレビ小説「ひよっこ」・「あさイチ」などの収録スタジオを見学し、実際に番組を作って放送する現場を肌で感じてもらった。

スタジオ見学

講義「NHKの広報業務について」

「地域放送局の広報」をテーマに、実際に作成したポスター、デジタルサイネージといったツールや電車の中吊り広告を示しながら具体的に説明した。視聴者に広く番組を知ってもらうための業務だけでなく、「公共放送」の意味を知ってもらう「経営広報」、視聴者から寄せられる意見を聞き、それらを集約して番組制作に生かしていく「視聴者広報」があることも伝えた。

講義「NHKの広報業務について」

参加者の感想

  • 【イベント】
  • ワークの中で一番盛り上がり、「真田丸」のイベントを企画する課題も、難しかったがやりがいのあるものでよかった。
  • NHKの使命を意識しながら実際に放映されているドラマを題材にチームで発表を完成させるプロセスが、NHKについて学ぶこと、チーム運営力を高めること両面において得るものが多かった。
  • NHKでしかできないイベント作りを詳しく伺いながら体験できた。
  • 【スタジオ見学】
  • 送出設備を間近で見ることは普段できないので、見ることができてうれしかった。実際に働いている方に仕事や勤務について聞くことができたこともよかった。
  • 大胆なアイディアからの広報戦略を、さまざまな例で紹介していただいた。
  • 【広報】
  • 地域放送局での具体的なお話を聞き興味を持ったので、ワークもしてみたかった。
  • 広報物ができるまでの過程も聞いてみたいと思った。

プレゼン実習

この5日間のインターンシップで学んだこと、感じたことについて、1人1分ずつ発表。2日目の「自己表現を磨く」で学んだことを実践に移して皆の前で発表した。

プレゼン実習

若手職員と語る

放送事業のマネジメントの職場の最前線で活躍する若手職員を講師に、「若手職員と語る」を実施。著作権など今回のインターンシップのカリキュラムで扱わなかった仕事をしている職員や、地域放送局で働く職員、子育てと仕事を両立している職員も参加し、NHKの仕事や生活についての幅広い質問に答えた。放送事業マネジメントの仕事のやりがいや厳しさ、新人時代の仕事や生活、就職活動の体験談などについて、少人数のグループでざっくばらんに語りあった。

若手職員と語る

参加者の感想

  • 【インターンシップ全般】
  • 他社のインターンシップと比較して、参加者一人ひとりと向き合う時間が長く、フィードバックも充実していると思う。参加される職員の方の数も多かったので、色々な角度からNHKをみつめることができ、有意義な5日間だった。
  • 普段何気なく見ている番組の裏では、多くの職員の方々が活躍されていることを思い知った5日間だった。「スタジオ実習」で放送現場の仕事も体感でき、この現場を支えたい、引っ張りたいという気持ちが強まった。
  • 初日に営業というお金の面から学べたことで、イベントや編成のワークショップで議論が楽しくなりがちな時でも、「財源は受信料」だという原点に立ち戻って考えることができた。
  • 精一杯ワークに取り組んだあとに、的確なフィードバックをもらえたのも嬉しかった。
  • 特に印象的だったのは、職員の皆さんがNHKと民放の違いをしっかりと認識し、常に“NHKであること”を意識して仕事をされていることだった。
インターンシップHPトップページへ戻る