NHKさいたまブログ

立正大学ラグビー部監督・堀越正己(ほりこし まさみ)さん

企業チームの殻を破り、地域密着を目指して今年からスタートした「ジャパンラグビー リーグワン」。この新しい舞台で大きな活躍が期待されているのが、本拠地を熊谷に移したばかりの「埼玉パナソニックワイルドナイツ」です。

リーグの魅力やチームの特徴について、熊谷市出身で元日本代表の堀越正己さんに伺いました。

220121_thum.jpg

番組の前半は、堀越さんのラグビー人生をたっぷり振り返りました。
中学時代までは、何とプロ野球選手を目指していた!?堀越さん。身長の低さがコンプレックスでラグビーを志したという仰天のエピソードに始まり、早稲田大学時代の伝説の雪の早明戦に代表される、明治大学とのライバル物語、さらには神戸製鋼時代の主将としてのプレッシャーについてなど、話は多岐にわたりました。

後半では、一転「ジャパンラグビー・リーグワン」についての熱いトークが展開!
その中でコロナ感染者が出てスタートにつまづいた「埼玉パナソニックワイルドナイツ」については、
この後のチームの底力が問われると叱咤激励する言葉が続きました。

さいたま~ずでは、今季のワイルドナイツに注目し、節目節目で取り上げて応援していきますよ~!!!

220121_2thum.jpg

番組を終えて、改めてラグビーという競技自体の素晴らしさに思いを致す自分がいました。

ラグビー競技を表す言葉って、「オールフォーワン・ワンフォーオール」、「ワンチーム」、「ラグビーは少年をいち早く大人にし、大人にいつまでも少年の心を抱かせる」などなど、心に響くものいっぱいあるんですよね。

ラガーマンとしての矜持が存分にあふれた、今回の「ひるどき!さいたま~ず」。ラグビーにまつわる曲もいっぱいかけましたので、是非、聴き逃し配信でチェックしてください!