NHKさいたまブログ

埼玉県ならではの風土やオリジナルレシピを紹介する
「埼玉のめぐみいただきます」
ゲストは、野菜ソムリエプロ 牧野悦子さんです。

全国でも有数の小麦の産地である埼玉県では、「朝まんじゅうに昼うどん」という言葉があるほど小麦文化が根付いています。

県内の郷土料理の中から「すいとん」と、行田市など県北で食べられてきた「フライ」のレシピを紹介します!

200616_thum.jpg

【野菜たっぷりすいとん】
材料(4~5人分)
・大根 50グラム
・にんじん 50グラム
・ごぼう 50グラム
・しいたけ 1個
・小松菜 50グラム
・長ねぎ 1本
・油揚げ 1枚
・豚ばら肉 100グラム
・小麦粉(中力粉)200グラム
・卵 1個
・水 100~120ミリリットル
・だし汁 1200ミリリットル
・しょうゆ 大さじ4★
・みりん 大さじ1★

作り方
1. 大根、にんじんはいちょう切り、ごぼうは小口切り、しいたけは石づきをとって薄切り、小松菜は3センチに切る。長ねぎの白い部分は2センチに切り、緑の部分は小口切り、豚ばら肉は2センチ位に切る。油揚げは幅1センチ程度に切っておく。
2. 卵と水をよく混ぜてから小麦粉を入れたボウルに入れゆっくり大きくかき混ぜる。
3. なべにだし汁と根菜、しいたけを入れ火にかけ、大根の色が変わったら、長ねぎ、豚ばら肉を加えさっと煮こむ。
4. すいとんの生地をスプーンですくい取り、3の鍋におとし、全体が浮き上がるまで加熱する。
5. 4に小松菜、油揚げ、★を加え、ひと煮立ちしたら出来上がり。お好みで小口切りのねぎをのせて。


200616_thum_2.jpg

【ねぎのフライ】
材料(2枚分)
・小麦粉(中力粉)70グラム
・たまご 1個
・水 150ミリリットル
・長ねぎ 1本
・サラダ油 適量
・ウスターソースもしくはしょう油 適量
・かつお節 適量

作り方
1. 卵と水をよく混ぜてから小麦粉を入れたボウルに入れしっかりかき混ぜる。長ねぎは小口切りにする。
2. フライパンにサラダ油をひき、1/2の量の生地を入れ、長ねぎをまんべんなく散らして中火で加熱する。
3. 表面の生地が乾き、焼き色がついてきたらひっくり返し、フライ返し等で軽く押すようにして両面を焼く。
4. 器に移し、表面にウスターソースを塗り、かつお節を散らして出来上がり。


簡単で時短なのに、とても美味しい2品。
皆さんの献立にいかがでしょうか。