NHKさいたまブログ

輝くさいたま~ずさん

輝くさいたま~ずさん

200610_thum.jpg


去年の12月にテニスのプロの世界に飛び込んだばかりの19歳、伊奈町出身の齋藤惠佑選手。

一昨年行われたジュニアの国際大会「世界スーパージュニア」でノーシードから頂点に上り詰め、ポスト錦織圭の一人として名前が上がる日本テニス界のホープだ。

しかし新型コロナウイルスの影響でツアーが中止となる中、今プロの試合の舞台に立つことすら叶わない。

プロ1年目、テニスにかける思いとともに、4歳から始めたというテニス人生を振り返った。

【続きを読む】

200604y_thum.jpg

 

輝くさいたま~ずさん、
きょうのゲストは「文理高校合唱部」の皆さんでした。

狭山市にある西武学園文理高校の合唱部は、創部17年。

新型コロナウイルスの影響で練習もままならない中、先日、NHKの合唱コンクールも戦後初の中止が決まりました。わたしも中学時代は合唱に青春をささげた者の一人だったので、最終学年の子どもたちの気持ちを思うと胸が痛みます…。

そんな中、文理高校の生徒たちは、各自で歌った動画を合わせて行う「リモート合唱」に取り組み、動画配信サービスYouTubeで配信を行っているんです。

放送では、文理高校のリモート合唱で「雨のち晴レルヤ」と、この合唱部で歌い継がれているという「How can I keep from singing」の2曲をお送りしました。

澄んだ歌声になんだかじーんときてしまいました。
演奏会などが難しい世の中ですが、ぜひSNSで多くの人々に歌声を届けてくださいね!

 

【続きを読む】

200528y_thum.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、飲食店や企業の窓口でよく見かけるのが、飛沫防止用シート。

カーブミラーやコンビニ防犯ミラーなどで国内トップシェアを誇る川口市のミラー会社の社長、小宮山栄さんはアイディア溢れる飛沫防止用のスタンドを考案!

自宅にあるもので簡単に作れて、ちょっとアレンジするだけでオシャレに変身するスタンドを紹介します!

【続きを読む】

輝くさいたま~ずさん

200521y_thum1.jpg

ゲストは、さやマンセ代表・李亜民さんでした。

子育て中の母親たちの憩いの場を作りたいと3年前に立ち上げた狭山初のママサロン「さやマンセ」。さまざまなイベントを仕掛け、たくさんの母親たちをサポートしてきました。 

【続きを読む】

輝くさいたま~ずさん

200514yy_thum.jpg

 

言わずと知れた将棋界のレジェンド
羽生善治九段!

埼玉県所沢市出身です。

49歳になった今も棋界の第一線で活躍している羽生九段に、将棋人生を振り返ってもらうとともに、新型コロナウィルスで増えたお家時間の過ごし方などを聞きました。

 

【続きを読む】

輝くさいたま~ずさん

200507y_thum.jpg

今日のゲストは、助産師の長井敦子さんでした。
先月、県内の助産師に呼びかけ「みんなの助産院@埼玉」を立ち上げた長井さんたち。

【続きを読む】

輝くさいたま~ずさん

200430_thum.jpg

熊谷市を中心に、地元飲食店のテイクアウト商品をまとめてデリバリーする取り組み「クーマーイーツ!」。

外出自粛などで、売り上げが減少している地元の店を救いたいと、街の空き店舗リノベーションなどを手がける白田さんを中心に企画されました。

4月10日からはじめて、毎週金曜にデリバリーを行い、5月1日で4回目。毎回注文数が増え、手ごたえを感じているということです。


今後もこの形をどのように残していくのか、検討中だということです。
白田さんの娘さんたちが大きくなった時に、お父さんが手がけた事業が大きくなって、もっともっと魅力的な町になっていることを期待します!

新型コロナウィルスでみなさん大変だと思いますが、元気な話題をお届けできて、うれしかったです。ありがとうございました!

輝くさいたま~ずさん

thu_kagayaku.jpg

 きょうの輝くさいたま~ずさん

ゲストはNPO法人さいたまチャイルドライン 代表理事の太田久美さんでした。

いま18歳以下の子どもたちからは、コロナウイルス関連で、家庭にまつわる相談が多く寄せられているということです。

どこに出掛けることも出来ず、大人も疲れてきて、イライラしてきています。
普段より口調が強くなってしまい、酷い言葉も投げつけている子もいるそうです。


太田さんは、大人のストレスが子どもに影響してしまうのがとても心配と話していました。

太田さんから子供たちへのメッセージです。

【電話やチャット繋がりづらいと思うけれど、本当に辛い事、嫌な事があったら自分の中に溜めないことが大事。愚痴はいっぱい言っていいんですよ。あなたにも言い分があるよね。言いたいこといっぱいあるよね。それを聞くのがチャイルドラインなので諦めないで連絡してほしいな】と話していました。

 

【続きを読む】

輝くさいたま~ずさん

200402_thum1.jpg

中学生チアリーディングチームZingysのメンバー、近藤美海さんと石井凛花さんです!

今年も国内チャンピオンになりました!このZingys 、何度も国内大会で優勝しているチームで、おととしは世界の大会でも優勝を飾るという輝かしい実績があります。
そんなプレッシャーをはねのけ、今回国内で優勝し、世界大会への切符を手にしました。が、コロナウィルスの影響で、派遣が中止となってしまったのです。
もう高校生となって、チームを卒業する美海さんは、とても悔しい気持ちがあるかと思います。
ただ、後輩の凛花さんは、これをばねに今後も世界を目指したいと語り、とてもたのもしく感じました。
キラキラ輝くお二人が、今後もはばたけますように!

 

【続きを読む】