NHKさいたまブログ

輝くさいたま~ずさん

200521y_thum1.jpg

ゲストは、さやマンセ代表・李亜民さんでした。

子育て中の母親たちの憩いの場を作りたいと3年前に立ち上げた狭山初のママサロン「さやマンセ」。さまざまなイベントを仕掛け、たくさんの母親たちをサポートしてきました。 

李さんは、小学2年生と3年生の娘を持つお母さんです。

子育ての大変さを身をもって知っている上、周りの人に助けられた自身の体験から恩返しという気持ちで「さやマンセ」を作りました。

200521_thum1.jpg

200521_thum2.jpg

200521_thum3.jpg

 

「さやマンセ」は、狭山市+マンセ
マンセは、韓国語でバンザイという意味です。

実は李さん、私と同じ年なんですが、コミュニティーを立ち上げて、さまざまなイベント仕掛けて、自らSNS発信してと、そのバイタリティがすごいんです!

その裏には李さんがこれまでの人生で感じてきた思いがありました。

李さんは「自分は在日コリアン3世で、親、祖父母たちが在日コミュニティーの中で力を合わせいろいろなことを乗り越えてきた。それを見て育ったので、つながりやコミュニティーの大切さというのを人一倍感じてきた」というのです。

 

200521_thum4.jpg

そこで子育てもコミュニティーの力を利用しようと考えたんです。お母さんたちのつながりを作り孤立化させないこと。そして、さやマンセによってお母さんたちがやりたいことを見つけたり、それぞれのスキルを磨いて、お母さんたちの輝ける場所にしていきたい。そんな思いを語ってくれました。