NHKさいたまブログ

渡辺 恵理

 

スポーツの取材が立て込み、県外にも足を運んでいる近頃…

 

 最近、気付いたのですが、

毎日必ず1万歩は歩いているんです。

 

 

ふくらはぎの張りを翌日に持ち越さないように、

毎晩のケアが欠かせません。

 

 

そんなことを友人に話したら、

「お前はアスリートか!」と言われました…(苦笑)

 

 

 

先日、取材に伺ったのは、

西武ライオンズの新入団選手発表会。

 

seibu.jpg 

 

 

 

今日の「日刊!さいたま〜ず」では、

発表会の模様をミニリポートでお届けします!

 

 

 

ところで、この新入団選手発表会ですが…

 

 

毎年、報道陣から新人選手に、

 

「辻監督の印象は?」

と聞くのが定番なんです。

 

 

 

そこで必ず何人かの選手から出てくるのが、

 

「やっぱり、黒いですね」という答え。

 

(これも毎年お約束の返答なんですが。笑)

 

 

 

ところが、今年は一味ちがいました!

 

 

 辻監督の印象について、

「黒い」と答えたのは一人だけ。

 

 

報道陣が「あれ…?」という反応を見せる中、

辻監督が、したり顔で口を開きます。

 

 

「さっき会見が始まる前に、

“黒いってあんまり言うなよ”と、

釘を刺しておいたんです」

 

 

舞台裏でのエピソードを明かして、

会場の笑いを誘っていました。

 

  

そして、辻監督、

「今いるメンバーに加えて、個性が豊かな新人選手が

これだけ入団してくれたら、

また明るいチームになると思う」

と、笑顔を見せてくれました。

 

 

 

今日のミニリポートでは、

ドラフト1位の宮川哲投手と、

育成1位の出井敏博選手(戸田市出身)の

会見後の声をお届けします。

 

どうぞお楽しみに!

 

 

 

「現場百遍」という言葉がありますが、

その場に居合わせたからこそ分かることって、

たくさんあると思うんですよね。

 

 

取材をする時に大切にしていることは、

やっぱり、そんな”現場の空気感”。

 

 

取材相手としっかり目を合わせてみる。

その人の肉声に耳を傾けてみる。

そして、共感できるものを見つけていく。

 

 

地道な作業かもしれませんが、

そんなふうに足で稼げる人になりたいと思います。

 

 

ということで、

明日も、明後日も、めざせ1万歩!!(笑)