NHKさいたまブログ

 

キャスターの渡辺です。

 

令和を迎えましたね☆

 

新時代は、ラグビーワールドカップや

東京オリンピックなど、スポーツの祭典が目白押しです!

 

埼玉からホットなスポーツの話題をお届けできるよう

頑張っていきますので、

令和もどうぞよろしくお願いします♪

 

 

さて、本日の「さいたマッスル」ですが…

 

 

なんと、ゲストは、

私の小中学校時代の同級生!

 

 

ロンドンオリンピック

男子レスリングで金メダルを獲得した、

米満達弘さんです。

 

 

yonemitsu.jpg

  

 

実は、米満さんとは同郷で、

小学校から中学校まで同じ学校に通っていました!

 

 

んー、名字に「さん」付けで呼ぶのは、

どうも違和感があります…(苦笑)

 

 

私たち同級生の多くは、

「米さん(よねさん)」と呼んでいました^^

 

 

私も何度か同じクラスになったことがあったんです。

 

当時、同じに班になったりして、

掃除当番や給食当番を一緒にやったり。

 

席が隣になったことがあるような記憶も…?

(もはや、微かな記憶で不確か…笑)

 

 

 

当時の印象は、

米さんは、とても実直で真面目!

 

あいさつをすれば、少し遠慮がちに、

でも、いつも気持ちよく返してくれていました。

 

掃除や給食当番も、コツコツと作業するようなタイプでしたね。

 

 

 

今回、さいたマッスルの出演オファーをして、

中学卒業以来の再会となりました!

 

 

 

でも、良い意味で、

本当に変わっていないのです。

 

 

金メダリストになっても、真面目なところは相変わらず。

(というか、実直さが、より増しているような気も…?)

 

ちょっと遠慮気味に話すところも、

昔の面影が残っていて、

思わずクスっと笑ってしまうほどです(笑)

 

 

だけど、レスリングについて質問すると、

ひとつひとつ真摯に答えてくれるその姿は、

まさに王者そのものでした。

 

 

メダリストというと、

小さい頃から、長年ずっと競技に携わっているような、

そんなイメージがありますよね?

 

 

実は、私の記憶の中では、

彼はまだレスリングを始めていませんでした。

 

レスリングを始めたのは高校1年生の時から。

 

競技を始めて10年で、世界の頂点に立ったのでした。

 

 

そんな彼の言葉は本当に深いもので、

“人間として忘れてはいけないこと”を

教えられたような気がします。

 

彼がどれだけ血のにじむような努力をしてきたのか。

 

取材中、メダルまでの道のりを思うと、

なんだか胸がジーンとして、

思わず涙が出てきてしまいました。

 

 

そんな、同級生トーク満載(には、しないつもりですが…笑)の

「さいたマッスル」は、今日午後6時からの放送です。

 

どうぞお楽しみに♪