NHKさいたまブログ

 

遅れまして(笑)、おめでとうございます。

 渡辺(♀)です。

 

年が明けて、もう1ヶ月ですか…

早いものですね!

 

「24時間365日は誰にも平等に与えられている。

それをどのように使うのか、どう生かしていくのか」

というのは、恩師の言葉。

 

年々、この言葉の重みが、

ずっしりと肩にのしかかってくるかのようです(笑)

 

 

些細なことかもしれませんが、

毎日の小さな積み重ねを大切にできる、

そんな1年にしたいと思います。

 

皆様にとっても、ワンダフルな1年となりますように。

(戌年だけに。笑)

今年もどうぞ宜しくお願いします。

 

 

さて、年末の話題になってしまうのですが、

「首都圏ネットワーク」で中継リポートを担当しました。

 

mochi.jpg

 

みなさん、お正月に鏡餅は食べましたか?

 

 

桶川市にある和菓子屋さんでは、

それはそれは大きな鏡餅を作っているんです。

こちら…↓↓↓

 

 

 

mochi3.jpg

 

 

左が一般的な家庭用の鏡餅ですが…

桶川市で作られている鏡餅は、

高さ30cm!

重さは、なんと14kg!!

 

 

8升分のお米を使っているそうですよ。

どのくらいの量になるのか、もはや想像がつきません…

 

 

中継が終わったあと、大きな鏡餅を運ぼうとしたのですが、

持ち上げることすらできませんでした(苦笑)

 

 

長い間、地元で愛されているこちらの和菓子屋さんは、

ご家族で経営をされています。

 

 

お邪魔した年末は繁忙期ということでしたが、

肩を並べてみんなでお餅をこねている姿は、

とても微笑ましいものでした。

 

 

mochi2.jpg

 

↑↑↑

中継の時には割烹着をお借りしました!

私もファミリーの一員になれたようで、

なんだかほっこりとした気持ちに♪

 

 

今では、大きな鏡餅を作れるお店は

全国でも少なくなっていて、

各地から注文が寄せられるのだそうです。

(スポーツでチームが優勝した時などにも注文が来るとのこと)

 

 

一つのことを続けていくのは、簡単なように見えて、

実はとても難しいことだと思います。

 

 

だからこそ、これからも大きな鏡餅を作り続けて、

いつまでもいつまでも、

全国各地に特大サイズの幸せ

届けて欲しいなと思いました。

 

 

“小さな積み重ね”を大切にしている人たちに

スポットライトを当てられるよう、

今年も埼玉の隅々まで取材していきたいと思います。

 

 

たくさんの方とお会いできることを

楽しみにしています!

 

 

ちなみに、この大きな鏡餅、

私もお正月にお醤油と海苔で美味しくいただきました♪