NHKさいたまブログ

武田 涼花

その道の達人に「埼玉県のトリビア」を教えてもらう「彩たまDEEP」。
ゲストは、大東文化大学教授 宮瀧交二さんです。

wed_deep_miyataki.jpg

 

平治の乱に敗れ、約20年間にわたって伊豆・蛭ヶ小島に流されていた後の鎌倉幕府初代将軍の源頼朝。
この頼朝を支えていたのが、乳母の比企尼(ひきのあま)でした。

比企尼の甥(おい)である比企能員(ひきよしかず)は、幕臣として頼朝を支えますが、北条氏と争い、命を奪われます。
この比企尼について最新の研究成果を交えてご紹介します。

武田 涼花

少しずつですが暑さも収まりつつありますねぇ。皆さまいかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、武田涼花です。

わたしは先日、‘熱い’現場にお邪魔してきました。

埼玉が誇る偉人・渋沢栄一の生涯を描く来年の大河ドラマ「青天を衝け」の撮影現場です。

2rokegennba.JPG

 

撮影は渋沢の故郷・深谷市に隣接する嵐山町の鎌形八幡神社で行われました。

これがと~ってもすてきな神社なんです…!

日々の喧騒を忘れさせてくれるような、そんな神秘的な雰囲気が漂っていました。

1rannzann.JPG

渋沢栄一は、深谷市の血洗島(ちあらいじま)諏訪神社の獅子舞の愛好家としても知られています。

1日目は、その獅子舞のシーンを、2日目には渋沢栄一といとこの喜作、のちの妻となる千代の幼馴染3人の運命が大きく動き始めるシーンを撮影していました。

獅子舞のシーンには、観客役として、今でも獅子舞を継承している血洗島獅子舞保存会のみなさんをはじめ、ロケ地の嵐山町の方々もエキストラとして参加されました!

みなさんお似合いでしたね~。

3ekisutora.jpg

 来年の放送でもぜひ注目していただきたいポイントです。

4kaburimono.jpg

 ▲わたしも特別に獅子舞に使う小道具を被らせてもらいました。

…ま、前が見えません…!!(笑)

 

 

撮影終了後には、吉沢亮さん(渋沢栄一役)高良健吾さん(渋沢喜作役)橋本愛さん(尾高千代役)にインタビューをさせていただきました。

10分という限られた時間ではありましたが、3人に見つめられて武田はドキドキがとまりませんでした…美しかった…。

インタビューの内容はコチラからなどでもみることができますよ♪

5castinnta.JPG

 また、深谷市で新たに登場した「渋沢栄一アンドロイド」にも会ってきました。

実際にみると本当にリアルで驚きました。

6shibusawarobot.jpg

 ▲渋沢栄一先生とパチリ!こんな写真も撮れちゃいます♪(手を振ってくれるかは運次第!?)

 

他にも中の家(なかんち)や諏訪神社など周辺に点在していますので、巡ってみるとより深く渋沢栄一を知ることができるかもしれません。

 渋沢ずくしの取材期間でした。

いや、でした。ではない、まだまだ続きます、続けたい…!

 

取材の様子は、さいたま局のHP「さいたまの最新動画」または「NHK+(プラス)」でみることができます。

★9/11(金)18:10~ 首都圏ネットワーク(「いってみよういってみたい」のコーナー)

★9/17(木)11:05~ひるまえほっと 

ひるまえほっとでは、キャスト3人へのスペシャルインタビューもありますよ!

 ぜひ、ご覧ください♪

 

渋沢の故郷であるさいたま局では、「青天を衝け」をはじめ、渋沢栄一に関する情報を随時、テレビ・ラジオを通じて発信していきます。

ぜひご注目ください。

74SP.jpg

▲現代人がポツンと…まさに気分はタイムスリップ♪

200730_thum1.jpg

 毎週木曜日にお送りしているインタビューのコーナー
「輝くさいたま~ずさん」

今回のゲストは、渋沢史料館 館長 井上 潤さんでした。

次年度の大河ドラマ「青天を衝け」が今月いよいよクランクイン!
渋沢栄一の生涯を描くドラマとあって、生まれ故郷である埼玉県は期待が高まっています。

井上さんは、渋沢史料館館長で「青天を衝け」の時代考証もつとめていらっしゃいます。
まさに渋沢栄一のスペシャリストです。

【続きを読む】

彩たまDEEP

その道の達人に“埼玉県のトリビア”を教えてもらう「彩たまDEEP」。

きょうのゲストは、小鹿野町教育委員会の杉内由佳さんでした。


「やまなし」「銀河鉄道の夜」など宮沢賢治の作品は誰もが一度は触れたことがありますよね。
そんな宮沢賢治は学生のころ、秩父を訪ねていました。


鉄道や馬車を駆使して1週間の旅(地質の見学をしながら学ぶ“巡検”)をしていたこと、そこで感じたことや自然、空気感を歌に残していたこと、さらには仲良しのルームメイトにはがきで送っていたことなどをお話いただきました。
今だからこそ、改めて宮沢賢治の作品に触れてみると、また違った世界が見えてくるかも…?

200729_thum1.jpg

「宮沢賢治・保坂嘉内 友情の歌碑」(小鹿野化石館 敷地内)

【続きを読む】

200728_thum1.jpg

さいたま~ずで五・七・五。
今月のお題は「波にのる」でした。

172もの作品が寄せられました!
ありがとうございました。

さて、最優秀賞に選ばれたのは…?
結果発表です!

 

【続きを読む】

200727_thum2.jpg
一番人気曲「息子に」の手書きの楽譜が印刷されたオリジナルTシャツでパチリ♪

 毎週月曜日にお送りしている音楽のコーナー「彩たまの音」
きょうは、川越市在住のシンガーソングライター「たかはしべんさん」にお越しいただきました。
野外コンサートを終えたばかりの足でご出演いただきましたよ。

ことし4月に音楽活動40周年を迎えた たかはしさん、
通称 ‘べんさん’

30歳から活動をはじめ、今までに400曲を作詞・作曲。子どもたちのために全国各地で5000回にものぼるコンサートを行ってきました。

毎年手帳を付けているというべんさんは、コロナ禍で40冊の手帳を見直すとともに、今まで作った曲を歌い直したそうです。すると「〇年前に上手く歌えていなかった曲がようやく歌えた」「歌がうまくなっている気がする!」と笑顔でお話くださいました。

コンサートを重ねているべんさんには全国各地にファンがいらっしゃいます。
全国のみなさん、ぜひ、(後日配信される)聴き逃し配信でやさしい歌声と魅力的なボイスをお楽しみくださいね♪

武田 涼花

新型コロナウイルスの影響で学校が長期にわたって休校し

授業の遅れや行事の中止などが相次ぎ、

部活動も練習できない状況が続きましたね。

 

 7/16(木)に放送した「ひるまえほっと」では、

‘ウィズコロナ’の昨今、部活はどう変わったのか、

どんな方向に向かって動いているのか、

さらに、

ここから生まれた新たな気づきや絆について特集しました。

 

(7/21現在)NHK+(プラス)と

さいたま局のHP【⇒こちらから】に動画を掲載しておりますので、

ぜひご覧ください♪

 

さて…

 3nennsei.jpg

「部活ができることがまずは嬉しい」と語ってくれた文理高校の各部活の代表生徒たち

 

【続きを読む】

200702_thum2.jpg

きょうはすっきりライフのコーナー、
ライフフオーガナイザー かわさき真知さんにスタジオにお越しいただきました。

「梅雨時に衣類を片付けよう!」と題してお送りしました。

雨が多く湿度が高い梅雨時期。衣類の扱い方から似合う服の見つけ方まで、片付けのプロかわさきさんにポイントを伺いました。
意図的なのか(!?)リクエストソングはWANIMAの「やってみよう」。

思い立った時にやってみよう!と奮い立たされました。
週末はクローゼット整理やろ~っと。

 

【続きを読む】

200629_thum1.jpg

2006年結成のお笑いトリオ
「ジャンポケ」
の愛称で親しまれているお笑いトリオ
「ジャングルポケット」さん。


さいたま局が発信する動画シリーズ「MONOすごい」に出演中
で、千葉のナビゲーターを務めています。

きょうはインタビューの後編と太田さんからのリクエストソング「影踏み/一青窈」、おたけさんからのリクエストソング「東京キッド/美空ひばり」をお届けしました。

いかがでしたでしょうか(^^)?
わたしは、’MONOすごい’トークとスピード感!に圧倒されつつも、終始笑いっぱなしでした。

ああ~また大宮の劇場でお笑いライブがみたいです…。
やっぱり目の前でみる芸人さんの漫才・コントは迫力が違いますから。

また芸人のみなさんがお客さんの目の前で、笑いを披露できる日がくることを願います。

のちほど、今回のスペシャルインタビューを、
「NHKネットラジオ らじる★らじる」聴き逃しサービスで配信する予定ですので、ぜひお聞きくださいね♪

 

インタビュー前編はコチラ★

彩たまDEEP

きょうの「彩たまDEEP」のコーナーは、埼玉県教育委員会 文化資源課 主幹 井上かおりさんをスタジオにお迎えし、「病と闘うために~近代埼玉の医療事情~」と題してお送りしました。

200701_thum1.jpg

明治時代にも「コレラ」が全国に蔓延し、大きな影響を与え、近代医療が根付き始めた埼玉ではどう対応したのか、深掘りしました。
人々と病との闘いは今も昔も同じなんですねぇ…。
今この瞬間も、最前線で闘っている医療従事者の方々に、改めて感謝です。

【続きを読む】