NHKさいたまブログ

武田 涼花

武田 涼花

こんにちは!

芸術の秋ですね。ことしは’ステイホーム’としてゆったりとを堪能されている方も多いかと思います。

わたしが 芸術の秋 でふと思い出すのは、

全国大会出場を目標に掲げながら合唱に明け暮れていた中学校時代です。

数あるコンクールの中でも特に強い思いを込めて臨んでいたのはNHK全国学校音楽コンクール』(通称:Nコン)でした。

一番の特徴は課題曲。3年間で歌った曲は、今でも(もちろん)フルで歌えるほど想い出深い曲になっています。

また、もうひとつの特徴は「合唱がテレビ放送される」ということです。

これは、「わ~!映ったうつった~!!」と学校で盛り上がるという面白さもありましたが(笑)

それ以上に、勝ち進めば進むだけ、より多くの人々に自分たちの歌を届けられるチャンス得ることになります。

 

しかし、今年は新型コロナウイルスの影響でコンクールも中止に…。

せっかく練習してきた課題曲も、もう同じメンバーで歌うことはできません。

そんな全国の小・中・高校の合唱に取り組む子どもたちの発表の場を設けようと、Nコンが動画での投稿を呼びかけました。

全国からたくさんの応募があり、埼玉県では13校が投稿してくれました。

・たった4人で歌うチーム

・練習の様子をスライドショーにして披露するチーム

・校内のいたるところでメンバー1人1人が歌う動画を組み合わせたチーム

・オリジナルの振り付けをつけたチーム   などなど・・

個性豊かな動画が集まりました。

 

わたしが伝えたいのは、ぜひ、この動画を見てほしい!ということです。

⇒ Nコン2020 みんなのハモリ場かたり場

なぜなら、見る人が多ければ多いほど、’全国放送’と同じことになるからです。

しかも、勝ち負けに関係なく、どんな学校もネットという名の全国ステージに立つことができます。

直接会えない、開催できないことが多くて悲しい世の中ですが、

逆の発想をすれば、ネットだからこそできること。

わたしが現役の時にはなかった、できなかったことです。

ぜひ、多くの皆さんに頑張っている子どもたちの姿を見てほしいなと、そう心から思います。

 

また来年、ステージで子どもたちの歌声が響き渡ることを願って…。

seibugasshou.jpg

▲コロナに負けず「リモート合唱動画」をいちはやく配信していた西武学園文理高校合唱部。

 夏に取材したときの様子。

 この合唱部も「みんなのハモリ場かたり場」に投稿してくれています♪

 

こんにちは!

先週14日のおはよう日本・すてき旅「晩秋こそ山のススメ」ご覧いただけましたか?

まだという方はこちらのNHK +(プラス)から(21日(土)7:59まで)見ることができますよ♪

 

さて、今回のロケについて、もう少しお話しさせてください。

天覧山と多峯主山(とおのすやま)に登ったこの日はとにかく最高のお天気に恵まれました!

fuji.jpg

 

【続きを読む】

その道の達人に埼玉にまつわるトリビアを教えていただく「埼玉DEEP」

ゲストは、渋沢史料館 館長 井上潤さんでした。


201118_thum.jpg

今回は11/11、栄一の命日であるメモリアルな日に、飛鳥山にある渋沢史料館にお邪魔して収録してきました。

深谷市出身、「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢栄一。


幕臣となった栄一は、1867年将軍の名代としてパリ万博に参加する徳川昭武に随行し渡欧。

進んだ文明に驚き、その後の日本の近代化に必要なことを吸収していきます。

横浜を出発し、上海や香港を経由しながらパリに向かった栄一でしたが船酔いが激しかったとか。

そして2か月かけて到着。当時の日本人からみてパリの文明はどう映ったのでしょうか…想像するだけでもワクワクします。

しかし栄一はその文明にただ感動しただけではありません。どうやったら人々が豊かに暮らせるのか、それを一番に考え、帰国してからもすぐに行動に移しています。

井上潤館長には、まだまだ聞きたいですね…!

渋沢のイロハ第4弾は12月にも予定しています。どうぞお楽しみに♪


井上さんへの質問も募集しています⇒こちらから

料理のコーナー「さいたまのめぐみいただきます」ファーム・インさぎ山 萩原さとみさんでした。

201117_thum.jpg

きょうの主役は「ヤーコン」
アンデス生まれの根菜で、肉質は甘くシャキシャキとした食感。低カロリーの野菜としても知られています。

その食べ方や栄養、お茶やきんぴらレシピをご紹介いただきました。
これから寒さが増す季節、免疫力アップのためにも“ヤーコン”を取り入れてみては?

それでは、きょうご紹介したレシピです★

【続きを読む】

彩たまの音

毎週月曜日にお送りしている音楽のコーナー「彩たまの音」。
201116_thum3.jpg
ゲストはシンガーのTABARUさんでした。

今月のダンスシップマンデーに続いて、今回は初のおひとりでのご出演となりました。
初のオンラインライブ開催を終えての実感や、歌手への道のり、楽曲制作の舞台裏などをじっくりと伺うことができました。

ファンの想いも熱く、生放送でTABARUさんのトークを聞きたいと、わざわざ県外から埼玉県内に移動して聞いてくださった方々も!!

もう一度聴きたいという方、お仕事で聴けなかったという方も、ぜひ、こちらの聴き逃し配信からどうぞ♪

☆お届けした楽曲です☆
 ♪Beautiful World
 ♪Believe in myself
 ♪ナミダ雲

こんにちは!

一段と寒くなってきました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

わたしは先日、元気に山登りをしてきました!

飯能市の天覧山(てんらんざん)と多峯主山(とうのすやま)です。

実は飯能は、テレビアニメ「ヤマノススメ」の舞台となっているんです。

まちのいたるところにアニメに登場する場所があり、いわゆる「聖地巡礼」が楽しめます。

ロケ当日、山頂では、左手にスカイツリー、右手に富士山と絶景を望むことができました。

とにかくラッキーでした♪♪(自称、超晴れ女☀

 

山歩きを案内していただいたのは、なんとアニメにでてくるキャラクター!?

tenranzan.jpg

詳細は、

あす(11/14)、午前7時半頃~

「おはよう日本」の「土曜すてき旅」のコーナーで!!

↓↓

おはよう日本 関東甲信越土曜すてき旅「晩秋こそ“山のススメ”~埼玉・飯能市~」

  • おはよう日本 関東甲信越
総合11月14日(土)
午前7:30~

山に囲まれた飯能市は登山好きなら誰もが一度は訪れたいところです。ここは、登山をテーマにしたアニメ作品『ヤマノススメ』の舞台にもなっていて、ファンの間で人気のスポットとなっています。作品中にも登場する高校教諭は、ヨーロッパアルプスを制覇した本格的な登山家で、登山を広めることに力を入れています。武田キャスターが登山家の高校教諭と初心者にやさしい「天覧山(標高197m)」を目指しました。紅葉を楽しみながら靴ひもの結び方から、コロナ禍でのマスクの代用品、歩き方など「登山の心得」も伝授してもらいます。また、作品を見たことがきっかけで飯能を訪れるうちに登山家になってしまった人もいます。そこまで人を引き付ける飯能の山々や作品の魅力に迫ります。

11/7の埼玉アニメディアソンからはじまり、首都圏ネットワークでシリーズでお伝えしているアニめぐり

アニメづくしでお伝えしているさいたま局プレゼンツの最後を飾るのは土曜すてき旅です

さいたま局のアニメ特集についてはこちらから!

ぜひ!ご覧ください♪

その道の達人に「埼玉県のトリビア」を教えてもらう「彩たまDEEP」
ゲストは、大東文化大学教授 宮瀧交二さんです。

 

201028_thum.jpg
旧制粕壁中学校時代の加藤楸邨
(さいたま文学館『加藤楸邨と埼玉』より)

 

「加藤楸邨」という俳人をみなさん、覚えていらっしゃいますか?

中学高校の国語の教科書でよく登場する方です。楸邨は、実は、埼玉県春日部市で俳句と出会い、俳人の道に進むことになったのです!

 

【続きを読む】

きらりと輝く方にインタビュー、輝くさいたま~ずさんのコーナー。
10/15のゲスト「作曲家・佐藤直紀さん」のインタビューの聴き逃し配信が始まりました!

期限は10/30までです。どうぞお聞き逃しなく…!

「青天を衝け」の放送開始は2021年2月14日です。本放送もどうぞお楽しみに♪♪

 

★放送後記

佐藤直紀さんは、これまでに大河ドラマ「龍馬伝」、連続テレビ小説「カーネーション」ほか、映画「ALWAYS三丁目の夕日」「永遠の0」など数々のヒット作品の音楽を手掛けてきた作曲家。

201015_thum2.jpg

この度、来年の大河ドラマ「青天を衝け」の音楽を担当することになった佐藤さん。
楽曲制作の裏側や作曲家への道のりを伺いました。 

なんと!いつもかけていた「輝くさいたま~ずさん」のテーマソングも、実は佐藤さんが作曲されていました!嬉しいご縁です♪

「自分の作品に満足したことはない」「聴くたびに反省点・改善点ばかり」と語っていたのが印象的でした。

ぜひ今後映画のサウンドトラックをお店でみかけたら作曲者をみてください。
佐藤さんの作品がいたるところであるはずです。
それにも関わらず満足しない精神…一流だからこそ生み出せる世界なのかなと感じました。

現在も「青天を衝け」の劇中の楽曲を制作中の佐藤さん。
ぜひ、放送開始までお待ちいただき、音楽にも耳を澄ましていただけたらと思います。

 

☆お届けした佐藤さん作曲の楽曲です☆(ダイジェスト含む)

♪龍馬伝(大河ドラマ『龍馬伝』)
♪カーネーション~メインテーマ~(連続テレビ小説『カーネーション』)
♪マスカレード・ホテル~メインタイトル~(映画『マスカレード・ホテル』)
♪STAND BY ME ドラえもん Opening Title(映画『STAND BY ME ドラえもん』)
♪ALWAYS 三丁目の夕日 Opening Title(映画『ALWAYS 三丁目の夕日』)
♪モウイチドBOM-BA-YE!!(ドラマ『WATER BOYS2』)

毎週月曜日にお送りしている音楽のコーナー「彩たまの音」

201019_thum1.jpg

ゲストは夫婦ユニット La maniのボーカル、冨加見藍さんでした。
冨加見さんは山形県出身・和光市在住。

この度、市制施行50周年を記念してつくられた「ひかりさすまち」のボーカルに抜擢されました
歌詞やボーカル、コーラスなど一般公募で選び完成したこの楽曲。
下新倉小学校の校歌を作詞・作曲した近藤圭一さん、市内在住の脚本家の伊藤公志さんが制作しました。
一般公募で選ばれた和光市の子どもたちのコーラスも魅力的。和光市のホームページから視聴できますので、ぜひ一度聴いてみてくださいね♪
冨加見さんご自身は、社会人になってからジャズセッションなどをするようになり、そのご縁で旦那様と出会い今に至るのだとか…。
音楽で結ばれるなんて素敵ですよね~。今後は夫婦で大きな会場でも歌ってみたいと目を輝かせながら夢を語ってくださいました。
1歳8か月のお子さんもいらっしゃるとのことで、今後は和光市で家族3人の演奏が聴ける日もくるかもしれませんね…♪
ありがとうございました。

☆お届けした楽曲です☆
  ♪ひかりさすまち(和光市50周年記念歌)
  ♪パンのおまじない(La mani)
  ♪POM POM JOKI(細野晴臣)


渋沢栄一アンドロイドに、渋沢の愛した血洗島の獅子舞、嵐山町での大河ドラマ撮影現場…

先月から、渋沢栄一&来年の大河ドラマ「青天を衝け」の取材が続き、‘渋沢づくし’の毎日を過ごしております、武田です。

 

9月某日、NHK放送センターにて、とある収録が行われるということで行ってきました。

オーケストラの皆さん。楽器の上にはたくさんのマイクが。

nkyou1.JPG

「青天を衝け」の‘オープニングテーマ’の収録です!!

作曲は、大河ドラマ「龍馬伝」をはじめ、連続テレビ小説「カーネーション」「ALWAYS三丁目の夕日」などを手掛けてきた作曲家の佐藤直紀さん。

演奏はNHK交響楽団(通称N響)です。

nkyou2.JPG

関係者に初披露となったこの日。

3密を避けるため、楽団員以外はリモートでの見学となりましたが、

スピーカーからでも、N響サウンドは震える美しさでした…!

nkyou3.JPG

 

青い空の下、小鳥たちが羽ばたくような繊細な音色から始まり、そこから音楽は青天に向かってこぶしを突き上げるような力強いサウンドに…

わたしが全体を通して感じたのは「壮大かつ繊細な爽やかさ」でした。

enter.JPG

 

収録はとても順調に終了。

う~ん、言葉では伝わらない感動。はやく皆様にも聴いていただきたい!!

どうぞ、来年の放送開始をお待ちください。

 そして収録後、特別に、指揮者の尾高忠明さんにインタビューをさせていただくことに。

otakasann2s.JPG

「尾高」というお名前にピンときた方は、渋沢ツウ!

そう、尾高さんは、尾高惇忠と渋沢栄一のご子孫(ひ孫)なのです。

つまり、親戚の物語を指揮することになるわけですね。

 

大河ドラマの音楽は何度も指揮してきた尾高さんですが、

今回は楽譜をみたとき、「特別感というよりも、ホームに帰ってきたような、不思議な安心感があった」とお話されていたのが印象的でした。

 

また、楽曲は、渋沢を育んだ埼玉・深谷の風土や空気を感じる部分、それと渋沢栄一の穏やかで広い心や熱い情熱といった人柄も感じ取ったとも…!

 

このインタビューの模様は、さいたま局発信の番組などでご紹介する予定です。

詳細決まり次第、またお伝えします。

 

さらにさらに!「青天を衝け」の音楽を手掛けた作曲家の佐藤直紀さんにもインタビューをさせていただいております。

内容はぜひ、本日(15日)放送のNHK-FM「日刊!さいたま~ず」でご視聴ください!

(※埼玉県域番組、後日聞き逃し配信あり)

佐藤さん作曲の名曲の数々とともにお送りする50分間です。

 

埼玉が誇る偉人・渋沢栄一の物語。着々と準備が進められています!

 

###