NHKさいたまブログ

松山 理穂

私は、担当している、日刊さいたまーずのインタビューやひるまえほっとのリポートで、
この道何十年の職人〇〇さん!という方に取材をしたり、自然と興味を持ったりすることが多いです。


昔から、プロフェッショナル仕事の流儀や人にフォーカスしたドキュメンタリー番組が好きなのですが、
最近ずっと、「プロって何だろう」、と考えています。

 

その道を築き上げているプロって、何を思って、どんな苦労や試練をどのように乗り越えて、どんな世界を見ているんだろう。
乗り越えた人しか見えない世界で、何を感じるんだろう。
その先に見えてくる新たな扉を開けようとしている時って、どんな気持ちなんだろう?

私は、プライドを持って何かをこだわり抜く姿に、
尊敬の思いを持ったり、とてもかっこよく見えたりして、心が動かされています。

そして、驚くのが、皆さん素晴らしい実績を残している方ばかりなのに、
自分は、まだまだ、とおっしゃるんです。
自分で自分の限界を決めず、何があっても自分の進むべき道はこうだ!と強い気持ちと覚悟をもって突き進んでいるんです。

すごいな~。ここまでやるんだ。だからプロなんだって。
私は、まだまだ甘いな。そんな気持ちでいつも、取材先と向き合っていますが、
少しでも答えに近づけるように、私も日々精進しようと思います。

さて、きょうの「ひるまえほっと」(総合テレビ11時5分~)では、
35年間、ゴリラだけを描き続けている画家・阿部知暁さんを紹介します。
ゴリラの魅力や、なぜ描き続けるのかそのわけを聞いてきました。

IMG_1823.jpg

 

「日刊さいたまーず」(FMラジオ18時~)では、20年以上ブラジル・リオのサンバカーニバルに出場されているダンサー中島洋二さんにお話しを伺います。

 

 

プロとは、なんぞや。聞いてきます。

期間限定ですが、「ひるまえほっと」の放送後は、NHKさいたま放送局のホームページから動画や、

ラジオについては、「らじるらじる」の聴き逃しサービスも来週月曜からご利用できます。


余談ですが、、私もプロの道を何か極められないかと思い、先日、さんま焼き師認定というものを受験してきました。

IMG_4007.JPEG

・サンマをおいしく焼くにはどうしたらいいか、
・そもそも、サンマって、どういう魚なのか、
・水揚げされている場所はどんな場所なのか。
・焼く以外に、おいしく食べるには?
少しだけ、詳しくなりました。(無事合格☆でした)

IMG_1548.jpg

ただ、ことしは、サンマの水揚げが少ないというニュースも出ています。
どうか、みなさんが秋の味覚・サンマをおいしく食べられますように!