NHKさいたまブログ

伊藤 博英

3月11日(月)で

東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の発生から

8年がたちました。

「日刊!さいたまーず」も

「埼玉の音3・11特集 あの歌に込めた思いは変わらない」と題して

震災の復興支援ソングや被災地の故郷を思う歌を特集しました。

Itousan1.jpg

 

県内では今も多くの方が避難生活を余儀なくされています。

番組ではそうした方々の支援を続けてこられた

埼玉県労働者福祉協議会専務理事の永田信雄さんに

お話しいただきました。

次の時代を担う若い方々の成長やその歌声に勇気づけられました。

ささやかな番組でしたが、故郷への思い、被災された皆様と寄り添う心が、

歌とともに放送を通じて伝われば何よりです。