NHKさいたまブログ

2021年12月 3日の投稿

きょうのゲストは、角川武蔵野ミュージアムの学芸員 熊谷周三さんでした。

武蔵野ミュージアムというと、去年11月に所沢市にオープンした図書館、美術館、博物館が融合した施設で、去年の紅白歌合戦では、YOASOBIさんが館内の本棚劇場で歌ったことが話題になりましたさいたま局もラジオやテレビでたびたび紹介してきました。

その中でも熊谷さんが担当する武蔵野ギャラリーや武蔵野回廊は、私たちが暮らす”武蔵野”を改めて見つめ再定義していく場所です。今回は「食」という観点から武蔵野の土地や文化を探る企画展「武蔵野3万年のレシピ」をご紹介。武蔵野の地層をイメージしデザインされたチラシを持っての撮影です。

211203_1thum.jpg

 

【続きを読む】

12.03-8.jpg

年末に向けて、渋沢栄一の年老いてなお、ますます精力的な活動を続けていく姿を描く、大河ドラマ「青天を衝け」。

そのドラマの最後に放送される、「青天を衝け紀行」という、ミニ番組をご存じでしょうか?ドラマにゆかりの場所を紹介する1分半のミニ番組で、大河ドラマのゆかりの場所や建物などを紹介し、大河ドラマをより身近に感じてもらうための番組です。

https://www.nhk.or.jp/seiten/journey/

このミニ番組のBGMを、12月5日の放送回から演奏するのは、渋沢栄一ゆかりの埼玉県深谷市の小学生たちです。大河ドラマとしては初の試み、子ども達の演奏に託した私たち作り手の思いを記したいと思います。

【続きを読む】