NHKさいたまブログ

2021年6月12日の投稿

藍のたねプロジェクト

【滝野川第三小学校から】

tokyo1.jpg

『渋沢栄一プロジェクト』の始まりです。

近代日本経済の父といわれる渋沢栄一は、家業である藍の栽培、藍玉の製造・販売をしていたことを学びました。

渋沢栄一が晩年を過ごした、東京都北区飛鳥山。飛鳥山の隣にある小学校として、本プロジェクトに参加します。藍の栽培を通して、日本経済の発展に尽くした渋沢栄一について学んでいきます。

tokyo2.jpg

本日は、月に1回の土曜授業日で、藍の種をまきました。

3年生と6年生は、総合的な学習の時間に藍の種まきを行いました。

3年生は、小さな藍の種を落とさないよう、慎重に受け取り、牛乳パックの苗床に種をまきました。

tokyo4.jpgtokyo5.jpg

6年生は、花壇で土づくりを行い、苗床に種をまきました。

毎日、欠かさずに水やりを行い、藍を育てていきます。

tokyo3.jpg