NHKさいたまブログ

2020年11月の投稿

将棋の女流棋戦・倉敷藤花戦で女流棋戦史上最年長(51歳)の挑戦者となった川口市在住の中井広恵女流六段。
残念ながらタイトル奪取とはなりませんでしたが、若い世代にまだまだ負けないぞという今シリーズの活躍に勇気をもらった方も多いと思います。

2週にわたってお伝えするインタビュー後編は、30年にわたる埼玉ライフや、将棋と家庭の両立など、話は多岐にわたりました。

201127_thum.jpg

 

【続きを読む】

さいたま~ずスペシャル

きょうの輝くさいたま~ずさんのコーナーでは、先日11月14日の県民の日に、さいたま市浦和区にある埼玉会館で行われたトークショーの模様をお届けしました。

このトークショー、来年のオリンピック・パラリンピックを見据え、競泳オリンピアンの伊藤華英さん、ブラインドサッカー選手で、来年のパラリンピックの代表入りを目指す、加藤健人さんを迎えて行われました。

司会は、フリーキャスターの堀尾正明さん、さいたま放送局の與芝由三栄アナウンサーです。

201126_thum1.jpg

【続きを読む】

物語は埼玉県からスタート!
2021年大河ドラマ「青天を衝け」
2021年2月14日 放送開始予定!

こんにちは。さいたま放送局の大河ドラマ広報スタッフです。
いよいよ2021年の大河ドラマ「青天を衝け」の放送が迫ってまいりました。

スタジオのほか、群馬県や埼玉県内でのロケが進んでいますが、今日はさいたま市の指定有形文化財「永田家長屋門及び簓子塀」周辺で行われた放送第一回のロケの様子をご紹介します。 

本日の主役はこちらの3人。
1117seitenroke1.jpg
左から
渋沢喜作(高良健吾さん)の子供時代役 石澤 柊斗さん
渋沢栄一(吉沢亮さん)の子供時代役 小林 優仁さん
尾高長七郎(満島真之介さん)の子供時代役 須東 煌世さん

1117seitenroke2.jpg

石澤さんと須東さんは、
「撮影は普段行かない場所で、普段できない体験ができて、とても楽しいです。」
「(別の回の撮影ですが)獅子舞の笛の音を出すのが難しかったです」
と撮影の感想を教えてくださいました。
ちなみにお二人は裸足?かと思いきや、よく見ると裸足に見えるデザインの撮影用足袋をはいています!
「よく見ると足が大きいでしょ?」
だって。面白いー!

1117seitenroke3.jpg

小林優仁さんは渋沢栄一の生まれた、深谷市内にも足を運んだそうです。
「深谷に行くことで、渋沢栄一がこんなところで生きていたんだなーとイメージがわきました。深谷ネギが甘くてとっても美味しかったです!」
買って帰った深谷ネギは、お母さんがチーズとネギ焼きにしてくれたり、豚汁にも入れたそうですよ。おいしそう…!

こんな秋晴れの爽やかな青空の下での撮影でしたが、このシーンはまさかの夜のシーン。
どんな映像になっているか、皆さん放送本編で是非チェックしてみてくださいね。

2021年大河ドラマ「青天を衝け」は2021年2月14日(日)放送開始予定です!

埼玉の歴史と文化の達人に埼玉のトリビアを教えてもらう「埼玉DEEP」

ゲストは、大東文化大学教授 宮瀧交二さんでした。

201125_thum.jpg

きょうは宮瀧さんに、ある研究成果を発表していただきました。
そう、実は新しい紙幣の顔に決まった渋沢栄一・津田梅子・北里柴三郎の3人とも、
埼玉と深い繋がりがあったのです!

【続きを読む】

武田 涼花

こんにちは!

芸術の秋ですね。ことしは’ステイホーム’としてゆったりとを堪能されている方も多いかと思います。

わたしが 芸術の秋 でふと思い出すのは、

全国大会出場を目標に掲げながら合唱に明け暮れていた中学校時代です。

数あるコンクールの中でも特に強い思いを込めて臨んでいたのはNHK全国学校音楽コンクール』(通称:Nコン)でした。

一番の特徴は課題曲。3年間で歌った曲は、今でも(もちろん)フルで歌えるほど想い出深い曲になっています。

また、もうひとつの特徴は「合唱がテレビ放送される」ということです。

これは、「わ~!映ったうつった~!!」と学校で盛り上がるという面白さもありましたが(笑)

それ以上に、勝ち進めば進むだけ、より多くの人々に自分たちの歌を届けられるチャンス得ることになります。

 

しかし、今年は新型コロナウイルスの影響でコンクールも中止に…。

せっかく練習してきた課題曲も、もう同じメンバーで歌うことはできません。

そんな全国の小・中・高校の合唱に取り組む子どもたちの発表の場を設けようと、Nコンが動画での投稿を呼びかけました。

全国からたくさんの応募があり、埼玉県では13校が投稿してくれました。

・たった4人で歌うチーム

・練習の様子をスライドショーにして披露するチーム

・校内のいたるところでメンバー1人1人が歌う動画を組み合わせたチーム

・オリジナルの振り付けをつけたチーム   などなど・・

個性豊かな動画が集まりました。

 

わたしが伝えたいのは、ぜひ、この動画を見てほしい!ということです。

⇒ Nコン2020 みんなのハモリ場かたり場

なぜなら、見る人が多ければ多いほど、’全国放送’と同じことになるからです。

しかも、勝ち負けに関係なく、どんな学校もネットという名の全国ステージに立つことができます。

直接会えない、開催できないことが多くて悲しい世の中ですが、

逆の発想をすれば、ネットだからこそできること。

わたしが現役の時にはなかった、できなかったことです。

ぜひ、多くの皆さんに頑張っている子どもたちの姿を見てほしいなと、そう心から思います。

 

また来年、ステージで子どもたちの歌声が響き渡ることを願って…。

seibugasshou.jpg

▲コロナに負けず「リモート合唱動画」をいちはやく配信していた西武学園文理高校合唱部。

 夏に取材したときの様子。

 この合唱部も「みんなのハモリ場かたり場」に投稿してくれています♪

 

さいたま~ずの人気コーナー、“さいたま~ずで5・7・5。”

今月のお題は、ぽんこつ!

今回も全国各地から150以上の作品が届きました。

皆さま、いつもありがとうございます。
それでは、受賞作品を発表いたしますね。

201124_thum.jpg

【続きを読む】

201120_thum.jpg

川口市在住の中井広恵女流六段が、将棋の女流棋戦・倉敷藤花戦で挑戦者決定戦を勝ち抜き、女流棋戦史上最年長(51歳)の挑戦者として名乗りをあげました。

第1局は黒星スタートとなりましたが、明日(11月21日)から倉敷に舞台を移して行われる第2・3局に向けて、秘めた思いを語ってくれました。

2週にわたってお伝えするインタビュー前編です。

【続きを読む】

輝くさいたま~ずさん

本日のゲストは、埼玉出身のVTuber春日部つくしさんでした。

春日部さんは、バーチャル埼玉に住む17歳の女の子。動画投稿サイトYoutubeでの活動に留まらず、アニメの祭典アニ玉祭に出演するなど、活動のフィールドは動画サイトの外まで広がりをみせる人気VTuber です。

特別に、春日部さんと2ショット撮影していただきました。
嬉しい!ありがとうございます。

201119_thum1.jpg

 

【続きを読む】

こんにちは!

先週14日のおはよう日本・すてき旅「晩秋こそ山のススメ」ご覧いただけましたか?

まだという方はこちらのNHK +(プラス)から(21日(土)7:59まで)見ることができますよ♪

 

さて、今回のロケについて、もう少しお話しさせてください。

天覧山と多峯主山(とおのすやま)に登ったこの日はとにかく最高のお天気に恵まれました!

fuji.jpg

 

【続きを読む】

その道の達人に埼玉にまつわるトリビアを教えていただく「埼玉DEEP」

ゲストは、渋沢史料館 館長 井上潤さんでした。


201118_thum.jpg

今回は11/11、栄一の命日であるメモリアルな日に、飛鳥山にある渋沢史料館にお邪魔して収録してきました。

深谷市出身、「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢栄一。


幕臣となった栄一は、1867年将軍の名代としてパリ万博に参加する徳川昭武に随行し渡欧。

進んだ文明に驚き、その後の日本の近代化に必要なことを吸収していきます。

横浜を出発し、上海や香港を経由しながらパリに向かった栄一でしたが船酔いが激しかったとか。

そして2か月かけて到着。当時の日本人からみてパリの文明はどう映ったのでしょうか…想像するだけでもワクワクします。

しかし栄一はその文明にただ感動しただけではありません。どうやったら人々が豊かに暮らせるのか、それを一番に考え、帰国してからもすぐに行動に移しています。

井上潤館長には、まだまだ聞きたいですね…!

渋沢のイロハ第4弾は12月にも予定しています。どうぞお楽しみに♪


井上さんへの質問も募集しています⇒こちらから

料理のコーナー「さいたまのめぐみいただきます」ファーム・インさぎ山 萩原さとみさんでした。

201117_thum.jpg

きょうの主役は「ヤーコン」
アンデス生まれの根菜で、肉質は甘くシャキシャキとした食感。低カロリーの野菜としても知られています。

その食べ方や栄養、お茶やきんぴらレシピをご紹介いただきました。
これから寒さが増す季節、免疫力アップのためにも“ヤーコン”を取り入れてみては?

それでは、きょうご紹介したレシピです★

【続きを読む】