NHKさいたまブログ

2020年10月21日の投稿

埼玉県ならではの風土やオリジナルレシピをご紹介する“さいたまのめぐみいただきます”

きょうご紹介した食材は、ハロウィーンを象徴する“かぼちゃ”です。

201020_thum1.jpg

揚げ物にも、サラダにも、スープにも、どんな料理にも変身できる万能食材“かぼちゃ”。
…ですが、いざ調理するとなると、硬くて包丁が入らない…と悩まれる方も多いのではないでしょうか?

そこでゲストの牧野悦子さんに、一番良い切り方を伺いました。
かぼちゃは、上部分は果肉が厚いため、ひっくり返して、下から包丁を入れると切りやすいそうです。
下部分は、かぼちゃが熟したときにすぐ種が落ちるように、果肉が薄くなっているそうですよ。
早速、わたしも試してみようと思います♪

 

【続きを読む】