NHKさいたまブログ

2020年8月 6日の投稿

きょうのゲストは、
埼玉県教育委員会文化資源課の井上かおり主幹でした。

ことしは、太平洋戦争の終結から75年と、節目にあたる年です。

200804_thum.jpg

これまで埼玉は小規模な空襲を40回以上受けましたが、その中でも県最大の空襲が、熊谷空襲です。
8月14日の深夜から翌未明にかけて投下され、最後の空襲とも云われています。

死者は266人、罹災者は人口のおよそ4割のおよそ16000人に。
なぜ、熊谷に空襲が…?それは、航空機の工場や飛行学校が熊谷市にあることから、空襲のターゲットにされたといいます。

200805_thum2.jpg

ポツダム宣言の受諾は決まっていましたが、実は日本の受諾の正式な表明が遅れていたそうで、アメリカ軍の攻撃命令が出てしまい空襲を受けたとのことです。
井上さんは、平和は与えられるものではなくて、自分たちで作って守り続けなければ、容易に失われてしまうと話していたのが印象的でした。

75.png 

 

【続きを読む】