NHKさいたまブログ

2020年7月20日の投稿

さいたマッスルさん

200717_thum1.jpg

キャスターの渡辺です。
7月17日放送のさいたマッスルさん、埼玉県スポーツ協会 専務理事の河本弘さんにお越しいただきました。

お話いただいたのは、今年10月に開催予定だった「かごしま国体」について。

新型コロナウイルスの影響で、国体は史上初めて開催が延期になりました。
高校の体育教員だった河本さんは、ご自身もサッカーで国体に出場した経験をお持ちです。
今年に入ってから、埼玉県でも「かごしま国体」の代表選手を決定する大会が延期になっていたということで、「県の大会も延期になって、今年の注目選手を見つけることもできなかった。県内ではおよそ600人の選手に影響が出るという試算です」とのこと。

教員をされていた経験から、河本さんは「国体は人生を変えうる経験になる。中高生たちに国体出場という経験をさせてあげたい」と言います。

「中高生時代に埼玉県に在籍していれば、大学生や社会人になっても埼玉県代表として国体に出場できる制度もあるので、諦めずにこれからも競技に励んでほしいですね」と話していました。

ちなみに河本さんは、2002年の日韓W杯の際、大会運営をされたんですって!!
なんてうらやましい!

ということで、リクエストいただいのは、「2002 FIFA World Cup公式アンセム」。
あ~、日韓W杯に夢中になっていた高校時代が思い起こされますね…(遠い目)

と、思い出に浸っていた私の目の前で、信じられない出来事が!それは・・・

 

【続きを読む】