NHKさいたまブログ

2020年5月28日の投稿

200527_2_thum.jpg

埼玉県のトリビアを達人に教えてもらう、彩たまDEEP

ゲストは、大東文化大学 宮瀧交二教授です。

奈良時代も終わりに近い769年、武蔵国入間郡の郡役所にあった米蔵が“神火(じんか)”によって全焼しました。
この当時の記録によれば、これは、毎年、朝廷からいただくことになっていた供物が届いていなかったため、出雲伊波比(いずもいわい)神社の神が怒って雷を落としたというのですが、その真相は…?

 

【続きを読む】