ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK佐賀放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK佐賀放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

おろし温そば

おろし温そば
田中美香子さん

先生からひとこと

西九州大学佐賀調理製菓専門学校
田中美香子さん

「もてなす心」をモットーに、ジャンルにこだわらずレシピ等を提案しています。
西九州大学佐賀調理製菓専門学校で食のプロを目指す学生に調理理論や栄養学などを教えながら、自分も日々勉強させてもらっています。

【二人分】

  • 中華麺 ・・・ 2玉
  • 大根 ・・・ 300g
  • 鶏こま切れ肉 ・・・ 100g
  • かたくり粉 ・・・ 適量
  • 【だし】
    水 ・・・ 2カップ
    酒 ・・・ 大さじ1
    うす口しょうゆ ・・・ 大さじ3
    みりん ・・・ 大さじ2
  • 塩 ・・・ 少々
  • 大根葉 ・・・ 適量
    しょうゆ ・・・ 適宜
    ごま油 ・・・ 適宜
  • 糸とうがらし ・・・ 適量
  • ラ―油 ・・・ 適宜

作り方


(1) 鶏こま切れ肉かたくり粉をまぶす。


(2) 鍋に【だし】の材料を入れて煮立て、
(1)の鶏こま切れ肉を入れ、火を通す。


(3) 大根は皮ごとすりおろす。
トッピング用に大さじ4を取り分けておく。

【ポイント!】大根は皮ごとすりおろす!
  1. 大根には消化酵素がたくさん含まれていて、
  2. 特に皮の下に多く含まれています。

(4) (2)の鍋に(3)すりおろした大根を加え、塩で味を整える。

【ポイント!】大根は加熱し過ぎないように!
  1. 大根に含まれている酵素は加熱すると効力を失ってしまうので、
  2. 鍋に大根を加えたら、短時間でさっと火を通す程度に加熱しましょう。

(5) 中華麺は表示通りにゆでて器に入れ、(4)をかける。


(6) 大根の葉はサッと塩ゆでし、水にさらして刻む。
そしてしょうゆごま油であえる。

【ポイント!】大根の葉は塩ゆでする!
  1. 大根の葉はアクが強いので、
  2. 生で食べるより下ゆでして食べるのがおすすめです。
【ポイント!】大根の葉を油で調理する!
  1. 大根に含まれている脂溶性ビタミンのβカロテンは、
  2. 油で調理すると吸収がよくなります。

(7) (5)の器に(6)の大根の葉をのせて、
(3)で取り分けていたトッピング用の大根と糸とうがらしを添え、
ラ―油をまわしかける。


読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ