ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK佐賀放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK佐賀放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります

県内の催し、お知らせ

 
佐賀錦の世界 ~古賀家を通じて~

佐賀が誇る伝統工芸品「佐賀錦」の染色作家で、今から4年前に亡くなった古賀フミさんの作品などを公開する企画展が佐賀大学美術館で開かれます。

1927年、昭和2年に佐賀市に生まれた古賀フミさんは 数々の佐賀錦の作品を手がけ、平成6年には人間国宝に認定されました。
企画展では、およそ30点の佐賀錦作品をはじめ、佐賀錦の図案やデッサンなどの関連資料を展示します。
また、会期中は、佐賀錦を研究している佐賀大学芸術地域デザイン学部の学生たちによるギャラリートークが毎日行われます。

会期 3月24日(日)~31日(日) (※ 3月25日(月)は休館)
  午前10時~午後5時 (※ 最終日の31日(日)は、午後3時まで)
観覧 無料
場所 佐賀大学美術館 (佐賀市)
問い合わせ 佐賀大学芸術地域デザイン学部 0952-28-8349

 
佐賀いのちの電話 カウンセリング公開講座

悩む人に寄り添い話を聞く「佐賀いのちの電話」では、ボランティアで対応する電話相談員のなり手が不足しています。
こうした中、相談員の養成を兼ねた「カウンセリング公開講座」が佐賀市内で開かれます。

5月から7月までのあわせて11回、精神科医や心理学の専門家などによる講義が行われ、カウンセリングの基礎を学びます。
水曜日夜のクラス、土曜日午後のクラスがあり、定員はそれぞれ35人です。
20歳以上が対象で、カウンセリングを学びたい人や、各種の相談業務に携わっている人も受講できます。
(※ いのちの電話の相談員を目指す人は、この講座の修了後、9月からはじまる養成講座も受講する必要があります。)

受講料 学生1万円、一般1万5千円
申込み
問い合わせ
社会福祉法人 佐賀いのちの電話 0952-34-4186
  (※ ホームページ(http://areahot.jp/saga/lifeline-1998/)からも申し込むことができます)

 
青木繁「海の幸」緞帳修復 一般公開

九州を代表する洋画家、青木繁。佐賀県内各地でも創作活動を行い、佐賀県にも縁の深い画家です。
その代表作、「海の幸」を写し取って作られた緞帳の修復作業が佐賀大学美術館で行われます。

緞帳は、久留米市民会館の舞台におよそ半世紀のあいだ飾られていましたが、施設の取り壊しで廃棄されることになりました
今回、一部が保存されることになり、佐賀大学の学生などが協力して修復作業を行います。
修復作業は誰でも見学でき、作業に参加することもできます。(※ 事前の申し込みは不要です)
青木繁の作品の世界に触れてみたい方、文化財の修復に興味のある方、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

会期 3月24日(日)~31日(日) (※ 3月25日(月)は休館)
  午前10時~午後5時 (※ 最終日の31日(日)は、正午まで)
観覧 無料
場所 佐賀大学美術館 (佐賀市)
問い合わせ 佐賀大学芸術地域デザイン学部 0952-28-8275

 
波多津ウォーク 2019

伊万里市波多津町でウォーキングイベントが行われます。10キロコース、6キロコース、2.5キロコースがあります。

メインの10キロコースは、国の重要無形文化財にも指定されている「田嶋神社」をスタートし、
花桃が美しい「あぐり山」を歩きながら市内随一の桜の名所「高尾山」、潮の香りがする「波多津漁港」を目指します。
また、ウォーキング終了後、午後12時からは波多津産のすてきな商品があたる大抽選会も開かれます。

日時 3月24日(日) 9時出発
  (※ 受付は、午前8時から波多津ふれあい広場で行います。)
参加費 一般500円、中学生以下は、100円(保険料含む)
    事前の申し込みが必要です。
    申し込み用紙は、波多津公民館か、伊万里市のホームページからダウンロードし、FAXやメールにてお送りください。
  (※ 申し込み期限は、3月15日(金))
問い合わせ 波多津公民館 0955-25-0001

 
鹿島 旭ヶ岡公園 桜まつり

鹿島市中心部にある桜の名所 「旭ヶ岡公園」で、夜桜が楽しめる「桜まつり」が行われます。

旭ヶ岡公園はかつての鹿島城跡で、大正3年に九州で初めて夜桜のための電飾が取り付けられた場所とされ、毎年夜桜見物の人でにぎわいます。
また、鹿島城赤門から大手門にかけてのおよそ200メートルの通りには、取り付けたボンボリに明かりが灯され、こちらでも夜桜を楽しむことができます。

期間 3月27日(水)~4月7日(日)
    ※ ライトアップは午後6時~午後10時
    ※ 桜の開花状況によって変更の可能性があります
場所 旭ヶ岡公園 (鹿島市)
問い合わせ 鹿島市商工観光課 0954-63-3412

 
第25回 えひめあやめまつり

佐賀市北部の久保泉町で、国の天然記念物「エヒメアヤメ」の自生地が公開される「えひめあやめまつり」が開かれます。

久保泉町のエヒメアヤメは、平成のはじめごろには一時激減しましたが、地域の人たちが手入れを続けた結果、およそ1400株まで増えたということです。
祭りでは、紫色の可憐な花を咲かせるエヒメアヤメを間近で見ることができるほか、期間中の土日には農産物の販売も開かれます。

期間 3月29日(金)~4月7日(日) 午前9時30分~午後4時30分(※ 最終日は午後4時まで)
    ※ 雨天中止
入場 無料 ( ※ 傾斜地のため、歩きやすい靴でお出かけください。)
場所 帯隈山山麓 (佐賀市久保泉町)
     ( ※ 期間中は臨時駐車場や、佐賀市営バスの臨時バス停が設けられます)
問い合わせ 佐賀市立 久保泉公民館 0952-98-0001

 
第32回 うれしの茶ミット

嬉野市の「うれしの茶交流館『チャオシル』」で、「第32回 うれしの茶ミット」が開かれます。

新茶が本格的に出回る時期を前にハウス栽培された今年の新茶の振る舞いがあるほか、手もみの体験や有料で茶摘みの体験ができます。
また、嬉野市内の特産品などが販売されます。

会期 3月30日(土)・31日(日) 午前9時~午後4時
入場 無料
場所 うれしの茶交流館「チャオシル」 (嬉野市)
問い合わせ うれしの茶ミット実行委員会 080‐3983‐6686

 
第19回 佐賀城下ひなまつり

今年で19回目を迎える「佐賀城下ひなまつり」が佐賀市で開かれています。

佐賀藩鍋島家伝来の格調高いおひなさまや鍋島小紋をまとった愛らしいもの、伝統工芸の手織り佐賀錦をまとったきらびやかなものなど、
佐賀ならではのおひなさまを楽しむことができます。
また、まつりの期間中は、街なかコンサートや骨董市、ハンドメイドフェアなど、市内で様々なイベントも開催予定です。

会期 2月11日(月・祝)~3月31日(日) 午前10時~午後5時
場所 佐賀市歴史民俗館や徴古館など (佐賀市)
問い合わせ 佐賀城下ひなまつり実行委員会事務局 0952-20-2200

 
平成30年分の確定申告はじまりました。

ことしも確定申告の受け付けが行われています。
平成30年分の確定申告は、県内では5か所(佐賀、鳥栖、武雄、唐津、伊万里)の税務署で受け付けています。

所得税の確定申告が必要なのは、個人で事業をしている人、年収が2000万円を超えるサラリーマンなどです。
また高額の医療費がかかった人やふるさと納税などの寄付を行った人新たに住宅ローンを組んだ人などは還付申告をすることができます

確定申告の受け付けは、所得税と贈与税は3月15日(金)まで、個人事業者の消費税は4月1日(月)までです。
詳しいことは国税庁のホームページ、またはお近くの税務署の相談窓口までお尋ねください。


 
鹿島市干潟交流館 一番乗り記念イベント

鹿島市の「道の駅鹿島」横で整備が進められている「鹿島市干潟交流館」がオープンする4月13日(土)に「一番乗り記念」と銘打ったイベントが行われます。

午前10時からは「入り初め」として安全祈願のあと、すぐ前に広がる干潟に入ることができます。
午後1時からは、干潟交流館の館内と、干潟の見どころを、ボランティアガイドと一緒に巡る見学ツアーが行われます。

いずれも参加は無料ですが、事前の申込みが必要です。
(※ 干潟交流館にシャワーはありますが、干潟に入る人は、水着や汚れても良い服装、タオルなどを持参してください。)

申し込み
問い合わせ
鹿島市役所 ラムサール条約推進室 0954-63-3416

 
ビーコロ 2019

武雄市にある佐賀県立宇宙科学館で春の企画展「ビーコロ 2019」が開かれます。

ビー玉を転がして色々な仕掛けを動かす装置が大小合わせて20点ほど展示されます。
木のレールや仕掛けを自由に組み合わせて装置を作り遊べるコーナーや、20メートルを超える大型装置の実演を見学することが出来ます。

会期 3月16日(土)~5月6日(月・振替休日)
    ※3月18日(月)、4月8日(月)、15日(月)、22日(月)は休館
  【平日】午前9時15分~午後5時15分 【土日祝日】午前9時15分~午後6時
    ※大型連休中も午後6時までです。
入場 常設展示観覧料が必要です
     【大人】510円/【高校生】300円/【小中学生】200円/【幼児(4歳以上)】100円
場所 佐賀県立宇宙科学館 (武雄市)
問い合わせ 佐賀県立宇宙科学館 0954‐20‐1666

 
妊娠SOSさが 相談窓口

思いがけない妊娠や出産に対する不安などの悩みを電話で相談できる窓口「妊娠SOS佐賀」を佐賀県が設置しています。

匿名での相談が可能で秘密は堅く守られます。本人からだけでなく家族やパートナーからの相談も受け付けていて、県の委託を受けた国立病院機構佐賀病院の専門スタッフが、丁寧に答えます。

「妊娠SOS佐賀」の電話番号は、携帯電話からも通話料無料となるフリーダイヤル0120-279-392です。

受付時間 【月曜日~木曜日】午前9時~午後5時 【金曜日】午前9時~午後10時
  ※土日祝日はお休みです
問い合わせ 佐賀県こども家庭課 0952-25-7056

 
男性のための相談窓口

佐賀市にある佐賀県DV総合対策センターでは、男性のための相談窓口を開いています。

妻・パートナーや、子どものことなど家庭内の問題や、上司や同僚との関係といった職場での問題など、男性が抱えるさまざまな悩みの相談に、専門の臨床心理士が応じます。秘密は守られます。

相談は、電話の場合は第2・第3木曜日の午後7時から9時までで、専用の番号は、080-6426-3867です。
面接での相談は、第4土曜日の午後2時から4時までです。相談の予約は電話 0952-28-1492 で受け付けます。

問い合わせ 佐賀県DV総合対策センター 0952-28-1492

 
平成30年度 子どもが喜ぶ「読み聞かせ」の講師派遣

佐賀県では、希望する団体に、子どもたちへの本の読み聞かせのコツを教える「読み聞かせ」の講師を派遣しています。

申請対象 県内の子育てサークルや幼稚園、保育所、小学校、中学校、特別支援学校など読み聞かせに関心のある団体
時間 1回あたり1時間程度
場所 申請団体が希望する場所
申請方法 講座開催希望日の1か月前までに佐賀県まなび課に提出するか、郵送でお送りください。
(申請書は、県の窓口、各市町村の図書館や公民館などで入手するか、県のホームページからダウンロードしてください。)
問い合わせ 佐賀県まなび課 0952-25-7313

 
「撮っておきマイビデオ」募集

NHK佐賀放送局では、視聴者のみなさんが撮影した「とっておき」の映像を募集しています。

夕方6時10分から、NHK総合テレビで放送の「ニュースただいま佐賀」では、
毎週木曜日、視聴者のみなさんが撮影した「撮っておきマイビデオ」のコーナーをお送りしています。
季節の風景や地域の催しなど、身近な「とっておき」の映像を気軽にお寄せください。
ご自身の声でリポートしながら撮影したり、出会った方にインタビューしたりなど、アイディアあふれる映像もお待ちしています。

応募方法 映像を録画したSDカードやDVD、ブルーレイディスクに、住所・お名前・撮影エピソードを添えて郵送でお送りください。
 (※ ご応募いただいた作品は、返却いたします。)
あて先 〒840-8601 NHK佐賀放送局 「撮っておきマイビデオ」係
問い合わせ NHK佐賀放送局 0952-28-5000 (※ 月曜~金曜(祝日を除く)午前9時30分~午後6時)

 
NHK厚生文化事業団「優しい認知症ケア ユマニチュードDVD」

NHK厚生文化事業団では、DVD「優しい認知症ケア ユマニチュード」をご希望の方に送料のみを負担していただく形で貸し出しています。
認知症の介護の悩みでよく聞かれるのが、以前と比べて怒りっぽくなったなどの「性格の変化」や「介護を拒否されて困る」などの声です。
「ユマニチュード」は、フランスで生まれた認知症ケアです。
「見る」「話す」「触れる」「立つ」の四つの基本で構成され、介護で直面しがちな困った状況に効果があるとされています。
このDVDでは、ユマニチュードの基本技術と考え方を、映像と専門家の解説で学ぶことができます。
監修は、ユマニチュードの考案者であるイヴ・ジネストさんと、東京医療センター・総合内科医長の本田美和子(ほんだ みわこ)さんです。

問い合わせ NHK厚生文化事業団 福祉ビデオライブラリー係 03-3476-5955
  (※ 受付は、月曜日から金曜日までの午前10時~午後6時)

 
「大人の自閉症スペクトラムDVD」

NHK厚生文化事業団では、「大人の自閉症スペクトラム」についてのDVDを、ご希望の方に、送料のみのご負担で貸し出しています。
「自閉症スペクトラム」とは、人間関係の苦手さや特定の物事へのこだわりを特徴とする、発達障害のひとつです。
このDVDでは、現場の映像や専門家の解説によってどのように理解し、支援すればよいかを、分かりやすく学ぶことが出来ます。
監修は、信州大学医学部附属病院 子どものこころ診療部 部長の本田秀夫(ほんだ ひでお)さんです。

問い合わせ NHK厚生文化事業団 福祉ビデオライブラリー係 03-3476-5955

読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ