• アナウンスルームホームページ

アナウンサー 井原 陽介 (いはら ようすけ)

井原 陽介

プロフィール プロフィール

【出身地】 山口県 下関市
【趣味】 125ccのバイクに乗ってご近所巡り
ちゃんぽん食べ歩き
【担当番組】 ニュース、中継など

普段のわたし 普段のわたし

祭り好き
「祭り好き」

2007年の唐津くんちでの1枚。
大迫力の曳山に魅了されました。
土地の人たちが情熱を注いで打ち込む祭りを
間近で見るのが大好きです。

 
現場好き
「現場好き」

朝鮮半島にある板門店で。
ニュースの現場にできるかぎり足を運ぶことを、
自分に課しています。

ちゃんぽん好き
「ちゃんぽん好き」

スマートフォンには、ちゃんぽんの写真がいっぱい。
佐賀の有名店のものも多数あります。
私の半分は、ちゃんぽんでできています。

 
海峡好き
「海峡好き」

下関で生まれ育ちました。
海峡のある風景を見ると、穏やかな気持ちになれます。

 インタビュー

Q1.この仕事についたきっかけは?

人の役に立ちたいという思いが強く、公共放送を志望しました。
特に“減災”への貢献は、これからのアナウンサー人生を通して取り組みたいテーマです。

Q2.やってしまった!忘れられない失敗談は?

学生時代の某新聞社でのアルバイト。社会部長に「FAX送ってくれた?」と聞かれ、
「いま、送信中です」と言うべきところ「いま、送りよります」と方言で返答。
居合わせた記者たちは大爆笑で、アルバイトの先輩からは「井原君アナウンサー志望じゃなかったっけ?」と突っ込まれ、
返す言葉もありませんでした。

Q3.この仕事をやっててよかったなあと思うのはどんなとき?

自分の問題提起が反響を呼んだとき。
誰かのためにがんばる人を、番組を通して少しでも応援できたかなと思えることが、
次の仕事のモチベーションにもつながります。

Q4.子どものころはどんな子どもでしたか?

ミニカーが好きで、母や祖母によく買ってもらいました。一番気に入っていたのはエメラルドグリーンのダンプカー。
親せきが建設会社を経営していたことも、関係あるかもしれません。大きなクルマには、今も憧れています。

Q5.佐賀のこんなところが好き!

おいしい豆腐
山あいで味わえる素朴な豆腐。口の中でとろとろにとろける、あの湯豆腐。大好きです。

Q6.視聴者の皆様にひとことお願いします!

明るく楽しく、誠実に。佐賀のみなさんのためになる放送を追求していきます。

ページのトップへ