• アナウンスルームホームページ

キャスター 帆鷲 美織 (ほわし みおり)

帆鷲 美織

 プロフィール

【出身地】 福岡県福岡市
【趣味】 ピアノ、作曲、卓球、旅行
【担当番組】 ニュースただいま佐賀

担当番組 担当番組


ニュースただいま佐賀

 普段のわたし

ピアノとともに生きる♪
「ピアノとともに生きる♪」

音大出身の母の影響で、
物心ついたときからピアノを弾いています。
小学生の頃、コンクールで九州1位になったことも☆
音楽一家で、
毎年、父のフルートの発表会で伴奏しています♪

 
愛犬が癒し
「愛犬が癒し」

実家のヨークシャテリアです。
とても小さいのですが、
「人の心を読む、優しさ」があります。
小さいしっぽを振って一緒に喜んだり、
ただ、何も言わずにそばにいてくれたり。
どんなときも、“前を見て進む勇気”を与えてくれます。

医療を学ぶ
「医療を学ぶ」

海外での研究発表の一コマ。
歯科医学の研究をしてきました。
「いつまでも自分の口で食べる、話す」ことは、
心と体の健康につながります。
今でも、探求する好奇心と情熱を持ち続けています!

 
学生時代、卓球部でした!!
「学生時代、卓球部でした!!」

6年間卓球に熱中し、キャプテンも務めました。
スマッシュやドライブがきまると、
「ター!!」っと叫びます
瞬発力、フットワークはもちろん、精神力を鍛えました。

 インタビュー

Q1.この仕事についたきっかけは?

子どもの頃から、ピアノや弁論大会など、音楽や言葉を通して、感情や想いを表現することに魅力を感じてきました。
また、学生時代は医療を勉強し、患者の方々ひとりひとりと向き合うことで、
「人の心の声を聞き、伝える」キャスターになりたいと思いました。

Q2.やってしまった!忘れられない失敗談は?

お昼前の「ひるまえ情報便」を担当していたとき、料理コーナー「みかこキッチン」の試食での一コマ。
とてもおいしそうな料理♪「いただきま~す♪」
後先考えずに、大きく口を開けてパクリ!…(ん゛~!口の中いっぱいでしゃべれない!!)
思わず、「おいひ〜い!!(モゴモゴ)○△○△」。味をコメントするも、うまく発音できず、
顔は、ハムスターのように頰はふくらんだまま…毎回反省しています。(だっておいしいんですもの。)

Q3.この仕事をやっててよかったなあと思うのはどんなとき?

取材させていただいた方に「ここまで私が伝えたい話を聞いてくれたのはあなたが初めてありがとう」と言われたとき。
人の奥深くにある「心の声」まで、聞かせていただけたときは、この仕事をやっててよかった思う瞬間です。
出会えた方から受け取った感動、ひとつひとつが忘れられません。

Q4.子どものころはどんな子どもでしたか?

歌とダンスが大好きな子どもでした♪
小学生のとき、昼休みになると、ホークスの応援歌や、
自分で持って行ったミュージカルのCDの音楽を流して、友達と踊りながら大合唱していました☆

Q5.佐賀のこんなところが好き!

唐津から望む玄界灘は、小さい頃から、よく家族で見に行く大好きな風景です。
何かに悩んで不安になったとき、静かな波の音を聞きながら、夕日の光でキラキラ輝く広い海を眺めると、
心が癒されて元気になります。
また、佐賀のおいしいものには、いつも感動しています。生産者の方の想いをきくと、食べたときのおいしさと喜びもひとしお☆
特に、新たまねぎの時期は、心が躍ります♪

Q6.視聴者の皆様にひとことお願いします!

佐賀に来て5年目になりました。歴史や文化、自然の魅力はもちろん、それを大切に守ってきた佐賀の人の熱い想いや、
地域をよくしようと活動する人の温かい気持ちにふれ、佐賀がますます大好きになりました!!
私にとって大事な「ふるさと」になりました。
佐賀のみなさま、ありがとうございます。
これからも、フットワークをいかして県内各地をめぐり、ひとりひとりとの出会いを大切に、
そこで暮らす人の声、大切にしてきたもの「宝」をお伝えしたいと思います。
もっともっと“佐賀のいいとこ”聞かせてください☆よろしくお願い致します。

ページのトップへ