2015年09月08日 (火)9月4日(金) ここよか!「鹿島市」

今日のここよか!は鹿島市の話題です。
9月13日に行われる「七浦秋祭り」「伝承芸能フェスティバル」についてご紹介しました♪

鹿島市には、面をつけて集団で舞う「面浮立」(めんぶりゅう)が多く残っています。
五穀豊穣や豊作の意味を込めて奉納される面浮立は江戸時代から続いているそうです。
午前の「七浦秋祭り」では、鹿島市にある3つの神社で浮立の奉納、
午後の「伝承芸能フェスティバル」では、県内外の様々な伝承芸能を見ることができます。
1日を通して鹿島の伝統に触れることができるんですね!

そして、面浮立に欠かせない面作りについても伺いました。
300種類もの道具を使い分けて、一つ一つ手作りで作られています。
スタジオでもその作業の様子を少し見せていただきました。

鹿島市商工観光課の江島賢一さん、木彫刻師の小森惠雲さんにお話しいただきました!
ありがとうございました!
鹿島市商工観光課の江島賢一さん、木彫刻師の小森惠雲さんにお話しいただきました!

投稿者:キャスター | 投稿時間:09:30


コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲