2011年11月25日 (金)FMシアター制作日誌(1)

NHK佐賀開局70周年記念ドラマの制作も発表されましたが、その裏で、実はもう一つ、佐賀を舞台にしたドラマが作られています。


FMシアター 些細なうた

放送:12月3日(土) 夜10:00
http://www.nhk.or.jp/audio/


2年前に亡くなった有田町の歌人・笹井宏之さんの短歌をモチーフにしたオーディオドラマです。

 

出演者の皆さん

 

11月20日、NHK福岡局のスタジオで収録を行いました。

主演は、佐賀出身の松尾れい子さん。演技で地元・佐賀の人を演じることはほとんどなく、標準語のセリフに慣れていて逆に不安ということでしたが、収録が始まるとすぐにさがんもんモードに切り替わったようで、ナチュラルな佐賀弁で主人公を熱演していただきました。

そして、三浦祥朗さん。アニメやゲームの声優として活躍している三浦さんの声は、このドラマのちょっと不思議な世界観を見事に表現してくれました。その、とろけるような甘いボイスに、女性スタッフや出演者たちはとろけてしまいそうになっていました!


ほかにも、このドラマには佐賀で活躍する役者さんたちに多数出演してもらいました。
母親役は、いなばゆうこさん。鹿島市を拠点にしたにわか一座を主宰しています。去年制作したドラマ「怪獣を呼ぶ男」に引き続いての出演です。
佐賀を中心に活動する劇団ニセマサムネから岩崎香代子さんいけうちしんさん。45歳以上限定の中高年劇団「SAGAパーフェクトシアター」から青木和代さん笠原陽一路さんが出演しています。
さらに、ラジオパーソナリティーのよしのがり牟田さんも出演。どんな役で登場するのか…お楽しみに!


FMシアター 「些細なうた」
放送:12月3日(土) 夜10:00~10:50 (FM 全国放送)

あらすじ
会社を辞めて実家に戻ったしおりは、現在「プチひきこもり」中。社会での人づきあいに息苦しさを感じ、外にも出られない状態が続いていた。絶望に浸る中、唯一の心のよりどころが、ネット上で出会った短歌。時に不思議な共感を覚え、時に自分を励してくれる三十一文字の世界。「一体どんな人が詠んでいるんだろう…」。妄想の中の歌人が、やがてしおりにとって大切な相談相手となっていく。
2年前に亡くなった有田町の歌人・笹井宏之さんの短歌をモチーフに、ネットを通じたつながりを通して主人公が一歩を踏み出す姿を描く。

出演
松尾れい子 三浦祥朗 いなばゆうこ 中野薫 いけうちしん よしのがり牟田 岩崎香代子 大野裕依花 笠原陽一路 青木和代 古賀菜々絵

脚本 田坂哲郎
短歌 笹井宏之


インターネットでも、ラジオ放送を聞くことができます。
詳しくは
NHKネットラジオ らじる★らじる
http://www3.nhk.or.jp/netradio/

NHKネットラジオ らじる★らじる

ぜひ聴いてくださいね!

ディレクター 安藤大佑
 

投稿者:ディレクター | 投稿時間:10:00


コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲