八戸高専Aチーム
YABUSAME(ヤブサメ)

曝け出されたフレームが鈍く光る硬派な外見と、ドンと構えた3台の発射機構が八戸Aのロボットの特徴です。 この三台の発射機構をフルに使い、中央ポールと相手ポールを狙います。

足は二つのモーターと二つのキャスターで、八戸Bの使っているオムニホイールに比べると機動力にはやや劣りますが、その分無駄な操作や動きは一切ありません。

3台の発射機構は、それぞれに1人ずつの操縦者がいます。電気的なプログラムされた動作に頼らず、一人ひとりが最適なタイミングで輪を発射。完全にランダムなタイミングで発射・連射される輪が飛び出す様子はまさに「輪花繚乱」です。

八戸高専Bチーム
大冠乱射(ダイカンランシャ)

足には前後左右に動くことができるオムニホイールを使い、ムダの無い動きでフィールドを縦横無尽に駆け回ります。
発射機構は自・相手ポール用と中央ポール用に分かれているのが特徴です。自チーム用のローラーを使った機構は、確実に輪を入れられるバツグンの威力です。

そして最大の特徴はロボット名にもある通り、ロボットの外観ほとんどを占めている巨大な観覧車型発射機構です。
近くで見ても遠くでも見ても分かる大迫力の大型機構、そしてそれがパワフルに回転し輪を投げる様子はまさに圧巻です。

一関高専Aチーム
風迅雷迅(フウジンライジン)
・メカナム機構による多方向への滑らかな移動を実現しました
・四本の釣竿の射出機構で中央ポールエリアの3本のポールを1つの輪でしとめることができます
・カメラとモニターを用いた正確な敵陣ポールエリアへの射出が可能です
・超音波でポールを検地し自動で自陣ポールエリアへの射出が可能です
・白黒カラーで風神雷神をモチーフとしたかわいらしいマシンになっています
・マシンだけではなく一緒に風神雷神も元気に動く仕様になっています
・多くのトラスが、マシンの変形時の負荷、射出時の反動に耐えることができます
・補給機構が搭載しているので輪がある限り輪を何度でも射出できます
・射出時、後にボタン1つでマシンが伸びたり、縮んだり変形できます
一関高専Bチーム
百式砲(ヒャクシキホウ)
スムーズで高速な試合運び
全方位移動可能な自由自在の動き
必ずVゴールの出来る安定した射出機構
会場で一際目立つマシンの配色
敵マシンのVゴールを妨害
仙台高専名取キャンパスAチーム
Re:act(リアクト)
できるだけ早く、Vゴールを達成することを目標としたロボットです。9本それぞれのポールに別々の砲台が対応しています。移動は4輪のステアリングで行い、決まった射出位置で止まることが可能です。あっという間にすべてのポールに輪を入れ、Vゴールを勝ち取ります。
仙台高専名取キャンパスBチーム
輪ーKing!!(ワーキング!!)
3種類、7台の砲台を取り付けました。ゴム、エアシリンダ、モーターを使って様々な方法で輪を射出します。
仙台高専広瀬キャンパスAチーム
Onyx(オニキス)

パワフルな動きをコンパクトなマシンで実現しました。例えばオムニホイールによる高速全方向移動。3つの輪を同時に発射する複数の射出機構。自動でポールを狙う正確な制御。さらには相手ポールエリアまで輪を飛ばす力強さ。

このマシンには2種類の射出機構が搭載されています。自チームポールエリアを狙うエアシリンダを利用した射出機構。中央・相手ポールを狙うローラーを利用した射出機構。ポールの距離にあわせた射出機構を別々に用意することでより正確に輪を入れることができます。

オムニホイールを利用することで全方向移動を可能にし、センサを用いた自動制御で正確かつ高速な位置あわせを行います。

仙台高専広瀬キャンパスBチーム
ぱせり(パセリ)

<走行部>メカナムホイールを用いて,安定した全方向移動ができます,相手が射出した輪が自分のフィールドに落ちていてもそれを越えることができます.また,全体的に白を用いることによってコンパクトさと清潔感を出しています.これにより見た目だけでなく視認性が向上しメンテナンス性の向上が期待されます.

<上半身 射出機構・装填機構>上半身には射出機構が1つと装填機構が2つ搭載されています.これらが340度ほど回転するようになっていて,全てのポールを1つずつ確実に狙い,Vゴールを目指します.

<ロボット名>パセリの花言葉は「勝利」です.このロボット名には負け続けた本校Bチームの勝利への野望と切実な願いが込められています.

秋田高専Aチーム
ワッカマン(ワッカマン)
オムニホイールを用いた機動性の高い移動機構と、ネジによる送りで安定した装填を実現させた装填機構、連射性と長い飛距離を両立させた射出機構がこのロボットの特徴です。また、磁気センサを用いた射出機構の回転の制御により、精度の高い輪の射出と、ロック機構の位置の自動復帰を実現させ、高得点とタイムの短縮を実現させます。
秋田高専Bチーム
BLUE HAWAII(ブルーハワイ)

昨年度、決勝で敗れた悔しさを胸にし、1年間「優勝」をコンセプトにマシン作成に取り組んできました。移動機構、発射機構ともにシンプルでベストな形を求め、「如何にしてVゴールを最速で狙うか」という点で所々に小さな工夫が沢山施された、勝利に特化したマシンが完成しました。
また、装飾も毎年恒例可愛いキャラを乗せました。リーダー・平塚の写真には2年前の「まにかちゃん」、去年の「はうまっちちゃん」、そして今年の「はなびちゃん」が勢揃いしています。

1年間楽しみに待っていた夏祭りにやってきたはなびちゃんが「国技館行きの切符」がかかった輪投げの屋台に出会い、楽しみながら輪投げをする、というストーリーで、可愛らしいはなびちゃんと人間の腕を模した発射機構から次々と発射される輪っかに是非ご注目ください! また、スタートゾーンには輪を置く目的で輪投げの屋台が出店します。店主・坂本とはなびちゃんとの息のあった装填にも目が離せません。

鶴岡高専Aチーム
イカ略!?(イカリャク)
一度に20個の輪を積むことによって、装填回数を減らし、タイムの短縮を狙っています。また、一つの射出機構ですべてのポールに対応できるような工夫がされています。移動はメカナムホイールで行い全方位対応できるようにしています。モチーフはイカで、競技中動き続けます。
鶴岡高専Bチーム
わなげびと(ワナゲビト)
ローラーとマガジンを組み合わせることで射出の間隔を短くしました。またローラーの回転数と仰角を変えられるため、広い範囲を狙うことができます。そのため、フィールド上でロボットがどこにいても輪を射出することができます。
福島高専Aチーム
おくとばす(オクトバス)
赤いボディフレームに多数備えた射出機構、「おくとばす」(オクトパス)の名の通りタコをイメージしたロボットである。輪をリロードする装填機構は備わっていないが、高速移動と射出機構の角度の変更で連続してポールを狙っていくことが可能である。
福島高専Bチーム
ぐる輪(グルリン)
自動制御による精密な射出で、会場を沸かせます。見た目とは裏腹に、繊細な輪投げに、乞うご期待。