函館高専Aチーム
I wanna get(アイワナゲット)
オムニホイールを3つ用いた全方向移動ができる3輪のロボット。二つの発射機構を持つ。
函館高専Bチーム
ブラックフープシューター(ブラックフープシューター)
今年のマシンの特徴は、力強い発射です
今回のマシンの発射機構は、上下に発射のためのローラーを設置して、そのローラーで輪を挟んで飛ばす、ピッチングマシンを参考にした機構です
そのため、力強い輪の発射が可能で、最高で、13[m]以上の距離に輪を飛ばすことができます
そのパワーを調整し、フィールドのあらゆるポールを狙って、勝利を目指します
苫小牧高専Aチーム
XYlert(キシラート)
ロボットの特徴はオムニホイールを使用した自由度の高い、素早い移動です。相手ロボットが射出した輪を避け、フィールド内を素早く移動するために全方向に移動できるようになっています。
もうひとつはロボットに取り付けられた2種類の発射機構です。それぞれのゾーンのポールで使用する発射機構を変更することで、それぞれに適した軌道で輪を発射することができます。
苫小牧高専Bチーム
トマキャッスル(トマキャッスル)
ロボットの特徴は投石器のような射出機構です。エアシリンダを用いており、これによって輪を高く、遠くまで飛ばすことができます。こうすることで、スタートゾーンからあまり移動せずポールを狙えます。
装飾はロボット名よりお城の装飾を製作しました。エンブレムは苫小牧の"とま"をもじったりと、細部までこだわった装飾を製作しました。
釧路高専Aチーム
スロペクス(スロペクス)
ロボットは移動機構、射出機構(小)、射出機構(大)、補填機構(小)、補填機構(大)、角度調整機構で構成されています。ロボットを軽くするために1つ1つの部品は細く長くしていますが、補強材を入れることにより軽くて強固なロボットに仕上がっています。 ロボットの射出機構は二つに分けられており、ポールとの距離が近い方は射出機構(小)で射出、遠い方は射出機構(大)で射出し、距離に見合った射出距離をだすことができます。さらに2つの射出機構の射出口は180°逆を向いており、ロボットを反転させる動きを省略することができます。
モチーフ(装飾):自然豊かな釧路高専に度々現れるキツネを採用しロボットにも可愛いキツネが載っています。このキツネは女子部員が裁縫で縫ったものです。
釧路高専Bチーム
はたらきリスとなまけリス(ハタラキリストナマケリス)
まずは射出機構が、他の高専では思いつかないような仕組みだということです。それはベルトでゴムを引っ張るという点です。その他にも、一つの射出機構で自チーム、中央、相手側のポールに輪を入れるという特徴があります。その他の特徴は装飾です。その装飾はエゾシマリスでロボットのチーフになっています。エゾシマリスとは、シマリスの中でも特に北海道に生息するものをさしており、僕らの学校の近くにある釧路湿原にも生息しています。環境省の哺乳類レッドリストにも指定されているそうです。釧路といえばタンチョウが有名ですが、今回のエゾシマリスを始め他にも多くの希少な動植物が生息しています。エゾシマリスを通して釧路の自然環境などをみなさんに知ってもらいたいと思っています。
旭川高専Aチーム
Orthrows(オルトロス)
縄を射出するローラーを本体に2つ搭載し、なおかつそのローラーが独立して180°以上回転します。よって本体の向きを変えることなく自分側と反対側を狙うことが出来ます。
旭川高専Bチーム
ーUmbrellaー(アンブレラ)
ロボット上部に取り付けられた回転する巨大な腕から輪を投げます。腕を回転させ、1つ1つ確実に輪をポールへ入れていきます。