世界中で人気急上昇!VR(バーチャルリアリティ)特集

2017年01月17日

シェアする:

※NHKサイトを離れます

10代女子の98%が体験したい!という「VR・バーチャルリアリティ」。
世界初!多人数・同時移動プレーのホラーVRにR’sが挑戦。さらにVR用ゴーグルを使わない「VRごっこ」をテレビ史上初実施!究極の「壁ドン」に…。
これを見れば、VR未体験の親子も、その奥深い世界を楽しく学べちゃう!

 

★スマホで手軽に体験!意外と身近なVR

今世界中で大ブームのVRとは、バーチャルリアリティーの略。ヘッドマウントディスプレイというゴーグル状の機械をのぞき込むと、目の前に現実と見間違えるほど超リアルな光景が広がる!
そんなVR、実はゴーグルにスマホを装着するだけで簡単に体験できちゃうって知ってた?

 

早速、ゲストの近藤夏子さんとR‘s女子が、「キュートなイケメンとおうちデートができちゃうVR」を体験!すると目の前で優しく話しかけてくるイケメンにメロメロ…

 

あまりのリアルな世界に女子たちは…

 

いっちゃん「今、私どこにいました?」

 

ふるちゃん「もう彼氏いらないかもしれない」

 

ちなみにこのゴーグルお値段は何と3000円!良い物は1万円以上するけれど、意外と手頃な価格で販売されている!

 

 

 

★超リアル!最先端のVRゲームに絶叫!

さらに町には最先端のVRが体験できる施設が続々登場している!ということで、R‘sかほ・かすが・ユウキ・まんぺいが東京・お台場にあるアミューズメントパークへ!
そこで体験したのは…ゾンビと銃で戦うVR!次々と襲いかかる大量のゾンビにかすが、恐怖のあまりその場にうずくまる。

※12歳以下は体験できません

 

さらにユウキは、どう見ても1階にいるのに「オレ今2階に上がってる!」と驚く。
ユウキの見ているゴーグルには、エレベーターで2階に上がったリアルな光景が!近くにいたゾンビが見る見る小さくなっていった。

 

ゲーム空間の中に本当にいるような感覚を味わったR‘s。でもどうしてこんなにリアルだと感じるのか?
そのヒミツは・・・

「360度自由自在な映像体験」

にある!

VRはテレビとは、映像の見え方が全く違うんだ!
テレビは、平面のディスプレイの前に座って見るよね。でも、VRは・・・・

360度全方位に映像が広がっていて、その中に入り込んだ感覚を味わえる!
この時、見たい映像を自分の意志で自由に見回すことができるのが重要なポイント!
見る方向を変えると、映像も瞬時に切り替わるため、脳が「これは現実?」と思いこんでしまう!

 

ユウキがエレベーターで上がった感覚になったのも、ゾンビの姿がどんどん小さくなっていくのを見て、「自分は今2階に上がっているんだ」と脳が思いこんだんだ。

 

人間の脳は「今起きていることが現実かどうか」判断する時、目からの情報=視覚を最も頼りにしている。
さらに、聴覚や嗅覚など、ほかの感覚も加わると、より「リアルである」と認識しやすくなる!

 

 

 

★空飛ぶVR装置に華丸さんが挑戦!

ということで、スタジオにブランコの形をしたVR装置が登場!映像と音声に加え、「ある物」を使って五感のうちのどれかを刺激するらしい。
ゲストの博多華丸さんが挑戦!

 

華丸さんが体験しているのは、東京の町の上空を超スピードで飛び回るVR!
大のオトナがマジで絶叫するほど、リアルに感じるヒミツ。それは・・・扇風機!
実はこのVR、風の強弱を巧みにコントロールし、体験者の触覚を刺激しているのだ!

 

華丸さんは、360度映像の視覚情報に加え、風を浴び触覚を刺激された。これで、より臨場感が増して、本当に空を飛んでいる感覚になったのだ。

このように視覚だけでなく、色々な感覚をプラスしていくことでさらにリアルな体験を演出することができるVR。でも、体験する際にはいくつか注意しないといけないこともある。

 

・VRの中には、目の健康の観点から12歳以下の子どもが体験するのを推奨していないものがある。
・長時間連続して体験すると、映像に酔ってしまうことがある。

 

VRは今、世界各地で研究や開発が進んでいる真っ最中。体験する時は、各製品に記載してある注意事項をよく確認して、楽しんでね!

 


出演者一覧


【ゲスト】博多華丸,近藤夏子
【司会】山口達也,秋鹿真人
【出演】赤沼葵,石田桃香,江原蓮,春日彩香,木下愛華,塩谷満平,古橋舞悠,前川優希,水原雅,村木亮太
【VTR出演】小松直樹,高田夏帆
【語り】大江戸よし々,小坂由里子

シェアする:

※NHKサイトを離れます



他のカテゴリ:お役立ち情報 の記事

捨てられないもの8 レッツ美部屋!

Rのトリセツ 新学期の“気まずい”解消法

さくら祭り

“キレイ食べ”でマナー女子に!

ズボラ女子らくらく脱出法!