ハロウィーン・ホムパの極意

2017年10月25日

シェアする:

※NHKサイトを離れます

ハッピー・ハロウィーン!!
10代女子に聞くと「友だちと家でホームパーティーしてみたい!」人が多数!
お安く簡単に作れる飾り付けや、超お手軽にできる傷メークなどなど、友だちと超盛り上がれる「ハロウィーン・ホムパの極意」を大公開~!

 

 

 

 

10代女子のハロウィーン3大お悩みをズバババっと解決!!

ハロウィーンお悩み ①部屋の飾りつけ

100円グッズと家にあるものを使って、予算1000円で部屋の飾り付け!

 

教えてくれたのは、クラフトプランナーのコクボマイカさん。

 

 

(1) ペーパーファン

【材料】

・オレンジの画用紙(B5サイズ 6枚)
・黒の画用紙(B5サイズ 1枚)
・テープ
・ビニールひも

 

【作り方】

1. オレンジの画用紙を表裏交互に折る
2. 片側をテープで止めて、ハリセンを6つ作る
3. ハリセンを両面テープでつなぎ合わせる

 

4. 黒い画用紙の顔のパーツを貼り、裏に壁かけのひもをつける

画用紙を折る前に線を引いておけばクモの巣に、歯のパーツを貼ればガイコツにも
アレンジできるよ!


 

 

(2) ジャック・オー・ランタンの照明

 

【材料】

半透明のゴミ袋(45Lサイズ 2枚)
白の画用紙(B5サイズ 1枚)
セロハンテープ
懐中電灯(1台)
オレンジ色の風船(1〜2枚)

【作り方】

1. 1枚のゴミ袋に空気を入れて口を結ぶ
2. 袋の底の両端をテープで止めて、カボチャの丸みをつける
3. 光を拡散するために、ゴミ袋を二重にする
4. 袋の口を縛ってカボチャのヘタを作り、白い画用紙で顔のパーツを貼る
5. 懐中電灯にオレンジ色の風船をかぶせる(風船1枚で色が薄い場合は、2枚重ねる)
6. 懐中電灯のスイッチを入れて、光を袋にあてる

※懐中電灯の機種によっては長時間点灯すると高温になるものもあります。十分注意してください。

 

 

 

ハロウィーン3大お悩み ②メーク

教えてくれたのは人気Youtuberのえっちゃん

 

(1)皮膚が裂けたようにみせる!ジッパーメーク

【使うもの】

・ティッシュ
・ゼラチン
・肌色のクリーム(BBクリーム)
・ファンデーション
・アイシャドー
・ジッパー
・チーク
・フェイスペイント
・二重用ノリ

 

【やり方】

1.ジッパーの両端の布をカットし、二重用のノリを使って顔に貼り、乾かす。
2.ティッシュは1枚ずつに剥がし、お湯で溶かしたゼラチンに浸して貼る。
ジッパーの布を隠すように、また、ジッパーの内側にも薄く貼る。
ポイントは、自然な感じを出すために雑に貼ること!
3. 肌色のクリームをジッパーの外側のティッシュに塗ってなじませる。
4. ジッパーの内側は、アイシャドーで全体を黒っぽい色にする。
隙間から見えた肌色も暗くなって、より凹んでるっぽく見えるんだそう!

 

5.ファンデーションで地肌となじませる。
6.ジッパーの内側全体に、フェイスペイントの茶色・赤・紫を使って色付けする。
指でたたくようにしてまんべんなく塗る
7.外側も同様にピンクのチークで汚れをプラス。仕上げに、血のりを少し垂らせば完成!!

 

※肌が弱い方には刺激があります。異常を感じたら洗い流して、すぐにお医者さんに見てもらってください。
※メークを落とす際には、ぬるま湯でゼラチンをふやかしながら、 メーク落としを使用して落としてください

 

 

(3) 移動途中に長袖で隠せちゃう!超お手軽な傷メーク

 

【使うもの】

・市販の傷シール
・ファンデーション
・アイシャドー(白と茶色)

【やり方】

1.市販のシールを腕に貼る
2.ファンデーションを全体に軽くのせ、シール独特のテカリを抑える。
3.白と茶色のアイシャドーを使い、シールのもともと白い部分をさらに白く、茶色い部分は濃くしていく。色の明暗をつけることで、傷が立体的に見えるんだって!
4.シールを貼った周りもアイシャドーであざを書くと、より馴染んで見えるそう!

 

 

(4) リアルにこだわりたい人にオススメ!安全ピンの傷メーク

 

【使うもの】

・ティッシュ
・ゼラチン
・肌色のクリーム(BBクリーム)
・ファンデーション
・アイシャドー
・フェイスペイント
・チーク
・安全ピン

【方法】

1.腕に、ゼラチンに浸したティッシュを貼り付け、傷の盛り上がりをしっかりつくる。
最後に安全ピンを刺すので、傷口は安全ピンの幅に合わせておこう!

 

2.傷の周りにもティッシュを貼り、ニセのシワで境界線をぼかす。
3.傷口の外側は肌色のクリーム、ファンデーションを塗ってなじませ、チークで色付けする。
4.傷口の内側はアイシャドー、フェイスペイントを使用しリアルに仕上げる
5.安全ピンを盛り上げたティッシュ部分にさし、血のりをたらせば完成!
※皮膚に刺さないように注意してね

ハロウィーンお悩み3「仮装&写真」

《仮装》

おそろいで仮装をそろえたい!でもお金がない!そこで!
いつも着ている制服で超簡単におそろい仮装ができちゃう方法を紹介!

 

【材料】

・ゴミ袋(半透明、または白)
・白のガムテープ
・赤と黒のペン

【作り方】

1.傷や血のにじみをガムテープに書き、制服のYシャツに貼る

 

2.ちぎったゴミ袋をクシャクシャにしてYシャツに貼り付ける テープとゴミ袋を剥がしちゃえば、あっという間に元どおり!

 

 

ハロウィーンらしい写真が撮れる3か条を伝授!

 

その1 ポーズにこだわれ!

ポイントは、カメラを睨みつけたり、暗い表情にすること。
すると、ホラーな雰囲気になり、ハロウィーンっぽい写真に!

 

その2 フィルター機能を駆使せよ!

部屋の電灯の色で、使うスマホのフィルターを決めよう!
白いライトの下→青系のフィルター
オレンジ系のライトの下→オレンジ系のフィルター

 

その3 自分以外にもこだわれ!

せっかく飾りつけしても、生活感が出ると台無し!
自分以外にも気をつけよう

 

 

 

★まこみな直伝★
ハロウィーンにオススメ!フォトフレームを使った動画テク

フォトフレームの使い方は簡単!
撮影する人がフォトフレームを持ち、カメラの画角に合わせる。

 

そして、写る人が向かって歩いてくるだけ!

 

 

★フォトフレームの作り方

【材料】

・細い長方形に切った段ボール(長いもの2枚、短いもの2枚)
・キッチンペーパー
・ハロウィーンの飾り(100均で売っているものなど)
・両面テープ
・テープ
・アイシャドー(青など暗い色)

 

【作り方】

1.段ボールで長方形のフレームの土台を作る。端に両面テープを貼り、組み合わせる
2.キッチンペーパーを3枚分広げ、切れ目にセロハンテープを貼り、縦に4等分に切る
3.土台にキッチンペーパーを巻いていく。途中でキッチンペーパーが足りなくなったら同様に作って、継ぎ足しながら段ボールが見えなくなるまで巻く。
★テープを貼った箇所が表から見えないように巻いていく
4.キッチンペーパーにアイシャドーをとり、フレーム全体を汚していく。
5.フレームを飾りつける。キッチンペーパーでリボンをつくる、画用紙を自分の手形に合わせて指を折る、ハロウィーンの飾りをフレームにつける、など。

 

 

 

さらに、驚きのハロウィーンスイーツを紹介!!
監修:ハロウィーン料理研究家 五条まあさっちん

(1) ミミズゼリー


 

 

【材料】

・イチゴゼリーの粉・・170g
・板ゼラチン・・・・・12g
・生クリーム・・・・・200cc
・チョコクッキー・・・2〜3枚
・牛乳パック

【作り方】

1.ストローの蛇腹の部分を伸ばして、牛乳パックの中へ。できるだけスキマを作らないように、詰めていこう。
2.お湯600ccが沸騰したら火をとめて、ゼリーの素を入れてよく溶かす。さらに、水(分量外)に2~3分つけておいた板ゼラチンを混ぜる。
3.冷めたら生クリームを加え、1回さくっとかき混ぜたら牛乳パックの中へ流し込む。
4.冷蔵庫で5時間ほど冷やす。
5.固まったら、牛乳パックを開けてストローから押し出す!
ストローを1本ずつ剥がし、流水に2〜3秒あてると押し出しやすいよ。
6.ひたすら押し出していき、仕上げに砕いたチョコクッキーをかければ完成!

(2) シャカシャカクッキー ハロウィーンVer

 

【材料】

・薄力粉・・・270g
・バター・・・135g
・砂糖・・・・120g
・卵・・・・・1個
・パラチニット(飴細工用の飴のもと)・・・100g
・シャカシャカ(「スプリンクル」と呼ばれるデコレーション用の砂糖菓子など)・・・適量
★中に入れるスプリンクルはなるべくコーティングがしてあるもののほうが飴の窓にくっつきにくいのでお薦め!

・粉砂糖・・・100g
・水・・・・・大さじ3

【必要なもの】

・型抜きクッキーの型(丸型1つ、丸型より小さい四角型1つ)
・めんぼう
・絞り出し袋

【作り方】

★シャカシャカクッキーはクッキー3枚を重ねて1つのクッキーになってるよ!
1.バターをボウルに入れて泡だて器でクリーム状に練り、砂糖を2,3回に分けて加えて白っぽくなるまで混ぜる。
2.卵を割りいれ、混ざったら薄力粉をふるい入れてヘラでサックリ混ぜる。
3.手でひとつにまとめ、ラップをして冷蔵庫で1時間ほど休ませる
4.3を適量とり、打ち粉をしてめんぼうで5mmくらいの厚さに均一に伸ばす。オーブンを170度に予熱する
5.のばしたクッキー生地を型抜きで抜く。(このとき型で抜きづらいようならもう1度生地を冷蔵庫でひやすとよい)
6.天板にクッキングシートを引き、型抜いたクッキーを並べる。170度のオーブンで10分焼く。
★焦げ目がつきすぎないように注意!
7.パラチニットを耐熱皿に入れ、電子レンジ500wで1分半ほど加熱する。溶けたら泡が消えるまで数秒待つ。
8.全体の3分の2のクッキーに溶かしたパラチニットを流し込む。
★全部のクッキーに入れないよう注意!3分の1はそのまま置いておく。
9.クッキーを合体させる接着剤“アイシング”をつくる。
粉砂糖に水を少量ずつ入れては混ぜ、入れては混ぜを繰り返し、少しゆるい味噌くらいの固さに練り上げる。
絞り出し袋に入れて口をふさぎ、少量だけ出るように先を小さくカットする
10.パラチニットを流し込んだクッキー1枚、穴が開いたままのクッキー1枚をアイシングを使って重ねる。カラースプレーをくぼみに入れ、パラチニットを流し込んだクッキーで蓋をするように、アイシングで上にもう1枚重ねる

 

11.目玉型の砂糖菓子を一番上にアイシングでつけたら完成!デコペンで顔を描いてもいいよ!
★シャカシャカと音がならない場合は、あめがくっついてる可能性が。机などにトントンと軽くぶつけるとまた音がなるよ。

 

 

(3)マカロンポップス

 

【材料】

・市販のマカロン・・・・・適量
・製菓用チョコレート・・・50g

【必要なもの】

・ポップス用の棒
・フードペン
【作り方】

1.マカロンにフードペンで絵を描く
2.製菓用チョコレートを湯せんで溶かす
3.ポップス用の棒の先にチョコレートを少量つけ、マカロンにさす。
4.チョコレートが固まったら完成!

 

 

 

みんなで盛り上がる!しり単語ゲーム!

◆ルール

・リズムに合わせて、決められた単語の最後の一文字から始まる単語につなげる
・しりとりではないから「ん」で終わってもOK!
・リズムを乱したり、単語が言えなかったらアウト!

 

(例)決められた単語「かぼちゃ」
1人目:かぼちゃ、かぼちゃ、かぼちゃわんむし
2人目:かぼちゃ、かぼちゃ、かぼちゃわん・・・・

今年のハロウィーンはホムパで楽しもう!

 

 

 


出演者一覧


【ゲスト】コカドケンタロウ,まこみな
【VTR出演】クラフトプランナー…コクボマイカ,Youtuber…えっちゃん,自撮らー…りょかち
【司会】山口達也,秋鹿真人
【出演】赤沼葵,アンジェリカ,伊藤小春,木村葉月,塩谷満平,鈴原ゆりあ,高橋海人,戸塚丈太郎,野田美桜,橋本涼,古橋舞悠,桃果
(VTR出演)…春日彩香
【語り】大江戸よし々,小坂由里子

シェアする:

※NHKサイトを離れます

もっと読む
Etuberサイトへ

他のカテゴリ:お役立ち情報 の記事

新着記事